2021-12

Google Playアプリ

AdMob広告配信の制限解除について

AdMob広告の広告配信の制限中にAdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」のメッセージが、「現在、問題はありません」に変わることがあります。これは広告配信の制限解除を判断するモニタリングの可能性があります。広告制限中にしておくこと。
Androidアプリ開発

非推奨のgetRunningservicesの対応

Android Oreo(API 26)以降ではgetRunningservices(ActivityManager)が使用できなくなったため、アプリから起動したサービスが動作しているか確認するには、アプリ側で確認する仕組みの実装が必要です
Androidアプリ開発

非推奨のstartActivityForResultの対応

startActivityForResultを呼び出して、呼び先の結果をonActivityResultで取得する実装は非推奨となり、ActivityResultLauncherを使用してアクティビティの結果を取得する実装に変更が必要です。
Androidアプリ開発

AdMob無効なトラフィック対策

無効なトラフィック問題によるAdMob広告配信の制限というリスクを緩和するためには、アプリ側でAdMob広告を連続クリックできないように、アプリ側でAdMob広告をクリックした場合に一定時間AdMob広告を表示しないようにする必要があります。
Androidアプリ開発

UIスレッドでタイムアウトを回避する方法

UIスレッドで実行した処理が5秒以上応答がない場合、Input event dispatching timed outのANRエラーが発生します。これを回避するためのコーディングを紹介します(UIスレッドとは別スレッドで処理を実行)
Androidアプリ開発

Admob以外のアプリ広告配信サービスの対応

AdMob広告配信は無効なトラフィック問題による広告配信の制限やストックしてる広告がない場合など、広告が配信されないことが多々あります。広告が配信されない場合の対策として、Admob以外のアプリ広告配信サービスを利用することが有効です。
Androidアプリ開発

アプリ広告配信サービスの自動切換え

AdMob広告配信は無効なトラフィック問題による広告配信の制限やストックしてる広告がない場合にアプリ広告が表示されません。アプリ側で広告配信状態を確認して、表示していない場合はアプリ広告配信サービスを切り替えて、アプリ広告を表示する実装方法
Androidアプリ開発

バックアップ(Zip圧縮)の実装

複数あるファイルを1ファイルにまとめることで、外部連携時のハンドリングが楽になります。パッケージ(java.util.zip)を使用すれば、アプリで使用しているデータファイルをZip圧縮して1ファイルにまとめることが可能です。
Androidアプリ開発

リストア(Zip展開)の実装

Zip圧縮しているファイルを展開できるとリストア処理や外部連携でのファイルのハンドリングが楽になります。パッケージ(java.util.zip)を使用すれば、Zip圧縮しているファイルを展開して、圧縮前のファイルに戻すことが可能です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました