Google Playアプリ

AdMob広告配信の制限という制裁

AdMobはアプリに広告を表示させることで広告主から広告費として得られるアプリデベロッパー向けのサービスです。AdMob広告配信の制限とはどのようなものか、原因となる行為と、どのようにすれば解除されるかなどを考察しました。
Androidアプリ開発

【Andorid】Play Billing Library 5対応

Play Billing Library 5では、querySkuDetailsAsync、SkuDetailsなどが非推奨になり、替わりにqueryPurchasesAsync、ProductDetailsを使用した実装に変更する必要があります
Androidアプリ開発

【Android】デフォルト言語以外のリソースをハンドリングする

スマホに設定されたデフォルト言語以外の言語リソースにアクセスするためには、アクセスしたい言語でコンテキストを生成し、生成したコンテキストからリソースファイルにアクセスすることで、デフォルト言語以外のリソースをハンドリングすることが可能になります。
Androidアプリ開発

【Android】RecyclerViewでスクロール位置を保持する方法

アイテムの削除や画面遷移などでRecyclerViewを再表示させた場合にスクロール位置がリセットされないようスクロール位置を保持して、削除や画面遷移前のスクロール位置でRecyclerViewを再表示する仕組みを実装します。
Androidアプリ開発

【Android】バックアップ(Zip圧縮)の実装

複数あるファイルを1ファイルにまとめることで、外部連携時のハンドリングが楽になります。パッケージ(java.util.zip)を使用すれば、アプリで使用しているデータファイルをZip圧縮して1ファイルにまとめることが可能です。
Androidアプリ開発

【Android】リストア(Zip展開)の実装

Zip圧縮しているファイルを展開できるとリストア処理や外部連携でのファイルのハンドリングが楽になります。パッケージ(java.util.zip)を使用すれば、Zip圧縮しているファイルを展開して、圧縮前のファイルに戻すことが可能です。
Google Playアプリ

GPSタイム計測アプリ Laps

GPSの位置情報を使用して計測ラインを設定、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間を計測するアプリです。内蔵GPSの他に疑似ロケーションアプリを使用して、DG-PRO1、GL-770、デジスパイス3などのGPSロガーと連携することが可能です
Google Playアプリ

GPS走行記録アプリ Archive

GPSの位置情報や内蔵センサーを使用して、走行軌跡や加速度などの走行データを記録するアプリです。内蔵GPSの他に疑似ロケーションアプリを使用して、DG-PRO1、GL-770、デジスパイス3などのGPSロガーと連携することが可能です。
Google Playアプリ

加速度・傾き計測アプリ Sensor

クルマなどの乗り物に設置して、縦方向(加速・減速)の加速度、横方向(左・右)の加速度、前後の傾き(ピッチ)、左右の傾き(ロール)をグラフ表示するアプリです。開発した背景としては、運転操作やクルマの姿勢変化をグラフ表示で可視化するアプリです。
Google Playアプリ

GPS位置情報中継アプリ MLS(Mock Location Service)

「gymkhana Laps」や「gymkhana Archive」をスマホ内蔵GPSではなく、疑似ロケーションアプリとして、GL-770、デジスパイス3などのGPSロガーと連携することで、位置情報や速度の更新タイミングと精度の向上させます
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました