アプリ開発

Androidアプリ開発

Google Play Billing Library 5対応

Google Play Billing Library 5では、querySkuDetailsAsync、SkuDetailsなどが非推奨になり、替わりにqueryPurchasesAsync、ProductDetailsを使用した実装が必要
Androidアプリ開発

設定値を操作するGUIスライダーの実装

音声ボリュームの調整など設定値を増減するようなGUI操作では、数値を入力させるのではなく、スライダーを左右に動かす操作のほうが、利便性がよくなります。SeekBarを使用して、AndroidアプリにGUIスライダーを実装する方法を説明します
Androidアプリ開発

PDF作成をPdfDocumentで実装する

AndroidアプリからPDFを作成するのに、特別なJavaPDFライブラリは必要ありません。AndroidAPIのPdfDocumentクラスを使用して、Androidアプリから簡単にPDFを作成する方法を説明します。
スポンサーリンク
Androidアプリ開発

アプリ実行中の画面消灯を無効化する

Andoridアプリの実行中に無操作が10分続くと、画面消灯の機能が働きます。実行中は画面を表示したままにする必要がある場合、アクティビティで FLAG_KEEP_SCREEN_ON を使用することで画面を表示した状態を維持することが可能です。
Google Playアプリ

AdMob広告配信の制限解除について

AdMob広告の広告配信の制限中にAdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」のメッセージが、「現在、問題はありません」に変わることがあります。これは広告配信の制限解除を判断するモニタリングの可能性があります。広告制限中にしておくこと。
Androidアプリ開発

レイアウトXMLをJavaから制御する方法

Android画面の縦横を検出して、動的にレイアウトXML(ConstraintLayout)のオブジェクト(画面要素)の高さを属性(layout_constraintHeight_percent)をJavaコーディングで属性値を変更する。
Androidアプリ開発

XMLで定義したオブジェクトのサイズを
変更する方法

AndroidのレイアウトXMLで定義したオブジェクトのサイズをユーザが任意でサイズ変更できるようにするためには、JavaコーディングからViewGroup.LayoutParamsを使用して、レイアウトパラメータを変更する必要があります。
Androidアプリ開発

UIスレッドでタイムアウトを回避する

UIスレッドで実行した処理が5秒以上応答がない場合、Input event dispatching timed outのANRエラーが発生します。これを回避するためのコーディングを紹介します(UIスレッドとは別スレッドで処理を実行)
Androidアプリ開発

非推奨のgetRunningservicesの対応

Android Oreo(API 26)以降ではgetRunningservices(ActivityManager)が使用できなくなったため、アプリから起動したサービスが動作しているか確認するには、アプリ側で確認する仕組みの実装が必要です
Androidアプリ開発

Admob以外のアプリ広告配信サービス対応

AdMob広告配信は無効なトラフィック問題による広告配信の制限やストックしてる広告がない場合など、広告が配信されないことが多々あります。広告が配信されない場合の対策として、Admob以外のアプリ広告配信サービスを利用することが有効です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました