Androidアプリ開発

非推奨のLocationRequest.createの対応

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

この記事はAndroidスマホ用のアプリ開発の中で、
今後の開発で再使用性が高いと思われるコーディングをまとめたものです。
Javaでの開発経験、XML構文規則、Androidのアプリ開発経験がある方を対象としています。
Androidのアプリ開発でお役にたててれば、嬉しいです。
(これからAndroidのアプリ開発やJavaでの開発を始めたい方への案内は、記事の最後で紹介します)

この記事のテーマ


非推奨となった LocationRequest.create の代わりに LocationRequest を生成する

Androidアプリで現在地の情報を取得する場合、
融合された位置予測プロバイダ FusedLocationProviderClient を使用しますが、
Google Location Services API(com.google.android.gms:play-services-location:21.0.0)以降で、
LocationRequest を生成する create メソッドが
非推奨( deprecated )になりました。

Google Location Services API

◎ポイント
位置情報の更新をリクエストする requestLocationUpdatesメソッドに、
従来であれば、createメソッドで LocationRequestを生成していましたが、
create メソッドが非推奨になったため、
Builder メソッドを使用した実装に変更する必要があります。

対応前

createメソッドで LocationRequest生成する実装

◎Java 対応前コーディング(参考)

	:
    public void startLocationUpdates() {
        if (ActivityCompat.checkSelfPermission(context, Manifest.permission.ACCESS_FINE_LOCATION) == PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
            LocationRequest request = LocationRequest.create().setWaitForAccurateLocation(true);
            request.setInterval(1000);
            request.setPriority(Priority.PRIORITY_HIGH_ACCURACY);
            fusedLocationProviderClient.requestLocationUpdates(request, this, Looper.getMainLooper());
        }
    }
	:

1000ミリ秒(1秒)毎に正確な位置情報の更新をリクエストします。

対応後

builderメソッドで LocationRequest生成する実装

◎Java 対応後コーディング

	:
    public void startLocationUpdates() {
        if (ActivityCompat.checkSelfPermission(context, Manifest.permission.ACCESS_FINE_LOCATION) == PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
            LocationRequest.Builder locationRequest = new LocationRequest.Builder(1000);
            locationRequest.setWaitForAccurateLocation(true);
            locationRequest.setPriority(Priority.PRIORITY_HIGH_ACCURACY);
            fusedLocationProviderClient.requestLocationUpdates(locationRequest.build(), this, Looper.getMainLooper());
        }
    }
	:

今回は、ここまでです。

Ultrabookを使用していますが、
デスクで作業する時は大型ディスプレイ&ワイヤレスキーボードは必需品ですね♪
選ぶときのポイントは、
数少ないUSBポートを使用しないBluetooth接続と、キーボード配列です。

誤字脱字、意味不明でわかりづらい、
もっと詳しく知りたいなどのご意見は、
このページの最後にある
コメントか、
こちら
から、お願いいたします♪

ポチッとして頂けると、
次のコンテンツを作成する励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

◎これからAndroidのアプリ開発やJavaでの開発を始めたい方へ

初めての Android のアプリ開発では、アプリケーション開発経験がない方や、
アプリケーション開発経験がある方でも、Java や C# などのオブジェクト指向言語が初めての方は、
書籍などによる独学ではアプリ開発できるようになるには、
かなりの時間がかかりますので、オンラインスクールでの習得をおススメします。

未経験者からシステムエンジニアを目指すのに最適かと、
まずは無料相談から♪

無料でJava言語を学べるのは、かなり魅力的♪
でも、応募資格は35歳以下です

未経験者からプログラマーを目指すのに最適かと、
まずは無料カウンセリングから♪

カリキュラムとサポートがしっかりしています、
お得なキャンペーンとかいろいろやっています♪

ゲーム系に強いスクール、UnityやUnrealEngineを習得するのに最適かと、
まずは無料オンライン相談から♪

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました