Androidアプリ開発

Android12対応(Bluetooth権限)

Androidアプリ開発
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

この記事はAndroidスマホ用のアプリ開発の中で、
今後の開発で再使用性が高いと思われるコーディングをまとめたものです。
Javaでの開発経験、XML構文規則、Androidのアプリ開発経験がある方を対象としています。
Androidのアプリ開発でお役にたててれば、嬉しいです。
(これからAndroidのアプリ開発やJavaでの開発を始めたい方への案内は、記事の最後で紹介します)

SwitchBot 温湿度計は、
湿度と温度をBluetooth経由で取得できます♪
広告パケットに湿度と温度が含まれているため、
ペアリングなしで取得できます。
これ、内緒だよ(^^♪)

◎テーマ
Android12のアプリ開発でBluetoothを使用する

◎ポイント

Android 11以前は、
マニフェストファイル(AndroidManifest.xml)に
権限(uses-permission)を指定するだけで、
Bluetoothデバイスを使用できました。
Android 12では、
Bluetoothデバイスを探す
デバイスを他のデバイスから検出可能にする
ペア設定されているBluetoothデバイスと通信する場合は、
アプリ側でユーザー承認をリクエストする必要があります。

◎マニフェストファイルに権限を指定する

マニフェストファイル(AndroidManifest.xml)に
権限(uses-permission)を指定します。
Bluetoothデバイスを探す、
ペア設定されているBluetoothデバイスと通信する権限を追加します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    package="...">

    <uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH" android:maxSdkVersion="30" />
    <uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH_ADMIN" android:maxSdkVersion="30" />
    <uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH_CONNECT"/>
    <uses-permission android:name="android.permission.BLUETOOTH_SCAN" android:usesPermissionFlags="neverForLocation" tools:targetApi="s" />
  :

BLUETOOTHBLUETOOTH_ADMIN は、
maxSdkVersion属性を指定して、
Android 11(API Level 30)以前の場合に使用するようにします。
Bluetoothデバイスを使用して物理的な位置情報を取得しない場合は、
BLUETOOTH_SCANusesPermissionFlags属性
neverForLocation を指定します。

◎権限をチェックする

Android 11(API Level 30)より新しいバージョンの場合、
BLUETOOTH_SCANBLUETOOTH_CONNECT
許可(PERMISSION_GRANTED)でない場合は、
ユーザー承認をリクエストします。

    private void checkPermissions() {
        ArrayList<String> requestPermissions = new ArrayList<>();
        //Bluetooth
        if(Build.VERSION.SDK_INT > 30) {
            if (ContextCompat.checkSelfPermission(this, Manifest.permission.BLUETOOTH_CONNECT) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                requestPermissions.add(Manifest.permission.BLUETOOTH_CONNECT);
            }
            if (ContextCompat.checkSelfPermission(this, Manifest.permission.BLUETOOTH_SCAN) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                requestPermissions.add(Manifest.permission.BLUETOOTH_SCAN);
            }
        }
        :
        if (!requestPermissions.isEmpty()) {
            ActivityCompat.requestPermissions(this, requestPermissions.toArray(new String[0]), REQUEST_MULTI_PERMISSIONS);
        } else {
            :

        }
    }

ユーザー承認のリクエスト画面

◎ユーザー承認結果を確認する

ユーザー承認の結果を確認し、
許可(PERMISSION_GRANTED)でない場合は、
処理を継続できないよう制御します。

   @Override
    public void onRequestPermissionsResult(int requestCode, @NonNull String[] permissions, @NonNull int[] grantResults) {
        super.onRequestPermissionsResult(requestCode, permissions, grantResults);
        if (requestCode == REQUEST_MULTI_PERMISSIONS) {
            if (grantResults.length > 0) {
                for (int i = 0; i < permissions.length; i++) {
                    switch (permissions[i]) {
                        case Manifest.permission.BLUETOOTH_CONNECT:
                        case Manifest.permission.BLUETOOTH_SCAN:
                            if (grantResults[i] != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                                toastMessage(R.string.allow_bleScan);
                                start = false;
                            }
                            break;
                        :

                        default:
                    }
                }
            }
        }
        if (start) {
            :

        } else {
            button.setVisibility(View.VISIBLE);
        }
    }

ボタンを非表示にすることで、
処理を継続できないようにしています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

◎これからAndroidのアプリ開発やJavaでの開発を始めたい方へ

初めてのAndroidのアプリ開発では、アプリケーション開発経験がない方や、
アプリケーション開発経験がある方でも、JavaやC#などのオブジェクト指向言語が初めての方は、
書籍などによる独学ではアプリ開発できるようになるには、
かなりの時間がかかりますので、オンラインスクールでの習得をおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました