DIY

簡単♪DIYでアウタージョイント交換

この記事は約22分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

ジムカーナだけに限らず、
クルマでモータースポーツをしていると、
必ずと言っていいほど経験するドライブシャフトのトラブル。

ジョイント部分が破損したドライブシャフト、
ジョイントを交換するだけで再使用できます。

ジョイント部分の破損以外では、
ブーツが破けてグリスが漏れている場合もあります。
残念ながら、この状態では車検に通りません。

ジョイントの交換も、ブーツの交換も、
ジョイントを外さないといけないので、手順は同じです。

今回は、B型エンジンのジビックやインテグラの
ドライブシャフトのアウタージョイント交換を例にして、説明します。

駆動方式やクルマによっては、
ドライブシャフトの形状が違いますが、
交換する際の手順やコツは共通する部分があるかと思います。

この記事のテーマ


DIYでドライブシャフトのアウタージョイントを交換する

DIYレベル

★★☆☆ 簡単(工具さえあれば、簡単♪)

交換に必要な工具

ドライブシャフトがクルマに装着された状態の場合、ドライブシャフトを取り外す必要があります。
取り外し方は、
簡単♪ドライブシャフト交換で確認できます。
ドライブシャフトには、内側と外側にそれぞれジョイントがあり、破損が多いのは外側(アウタージョイント)です。
ジョイントの交換で必要な工具として、
スライドハンマードライブジョイントインサータブーツバンドツールです。

なんと!!SSTアタッチメント付きが売っているんです♪

サークリップを縮めて固定できるので、ジョイントを入れるのも楽勝♪

ブーツバンドを締め付けるのに必要です。

アウタージョイントの取り外し

アウタージョイントはスプライン(溝)とサークリップ(Cリング)で固定されています。
スライドハンマーでショックを与えて、サークリップを縮めて取り外す必要があります。
スライドハンマーにハブロックナットのサイズにあったアタッチメントを装着して使用します(アタッチメントがない場合はソケットを溶接するなど工夫が必要です)
ドライブシャフト専用のSSTアタッチメント付きの
スライドハンマーもあります。
ハブロックナットのサイズを気にする必要がないので、おススメします。

購入したスライドハンマーにアタッチメントがなかったので、ソケットを改造して装着できるようにしています

外し方のコツとしては、水平にしてスライドハンマーでショックを与えるようにします。
ショックを与える前に、サークリップが外しれやすい位置になるようにアウタージョイントを少しずつ回すと抜けやすいです。
また、
サークリップを加工すると次回の交換はさらに楽になります。

アウタージョイントがスプラインから抜けたら、ブーツバンドを外して、アウタージョイントを取り外します。
スプラインについたグリスを拭き取って、サークリップを外します。

外す時にグリスが飛び散らないように、アウタージョイントを取り外した後にブーツバンドを外します

アウタージョイントの取り付け

アウタージョイントの取り付けは、ドライブジョイントインサータがあればとても簡単です。
ここでの注意点は、アウタージョイントを取り付ける前に、先にブーツを入れておくことです。

サークリップの加工

次回の交換で外れやすいように、サークリップの端をリューターで削っておきます。

彫刻/穴あけ/研磨/切断/切削/つや出し/汚れ落としなどあると便利な工具です

スプラインにサークリップを装着して、ブーツとブーツバンドを向きに注意して入れます。

ドライブジョイントインサータでサークリップを縮めます。
アウタージョイントのスプラインが刺さる部分にグリスを入れます。

スプラインにアウタージョイントを差し込みます。
アウタージョイントの先端(ハブロックナット装着側)をハンマーで少し叩くと簡単に入ります。
グリスを入れて、先に入れたブーツをかぶせます。

内側のブーツバンドを締める前に、短くカットしたインシュロック(結束バンド)を挟んでおきます。
これはブーツが伸縮した際の空気抜きの役割です。

耐候・屋内外用で250mmぐらいのサイズが使い勝手が良いですね♪

ブーツバンドはブーツバンドツールを使って、しっかりと締めます。
締めたブーツバンドが緩まないように
ポンチでカシメて余分なバンドをカットします。
ブーツバンドは外側と内側の2ヶ所あります。

ドリルを使うときも使用しますね♪

ハブロックナットをつけて完成です。
交換用アウタージョイントには、アウタージョイント、ブーツ、ブーツバンド、サークリップ、グリス、
ハブロックナットが入っています。
私の場合は、グリス以外は使用しています。
グリスはドライブシャフトの耐久性にかかわる部分ですので、良いものを選んで使うことをお勧めします。
私はDIYで交換するようになってから、
SFRシンセティックグリスを愛用しています。

SFRシンセティックグリス