DIY

DIYで飛び石で出来たガラスキズを修理

この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

今回は趣味(DIY)の話をしたいと思います。
私は捨てることが苦手で修理して使い続ける性格で、
それが高じてDIYするようになりました。

この記事のテーマ


飛び石で出来たフロントガラスのキズを修理する

DIYレベル

★★☆☆☆ 簡単(工具が必要ない、手順さえ守れば楽勝♪)

今回使用したリペアキットです

飛び石で出来たフロントガラスのキズについて

走行中に前方からバチッと音がしたと思ったら、フロントガラスにキズができていました。

飛び石によるキズです。
前方を走っているクルマが跳ね上げた小石なのか、対向車からなのかはわかりません。
運が悪かったとあきらめないとけない貰い事故です。

幸いなことに、キズからヒビに成長していませんでした。

キズがわかるように紙を貼り付けています。キズにゴミや水が入らないようにセロテープで保護します

この状態でも、車検で不合格になることがあります。
この状態を放置しておくと、
ヒビに成長しますので、修理が必要です。

修理まで間がある場合は、キズにゴミや水が入らないようにセロテープなどを張って、応急処置します。

フロントガラスの修理

キズの大きさによっては修理できないことがあります。
市販のリペアキットでは、概ね1cmぐらいまでのキズが限界です。

修理できない場合はフロントガラスの交換になります。
車両保険に加入している場合は、
等級の変更なしでフロントガラスの交換が出来たと思います。

今回使用したリペアキットは、呉工業の「UFIXIT ガラスリペアキット」です。

価格は大体3000円ぐらい。ネット購入の場合は送料込みで判断すること

価格の安い類似品が多数ありますが、修理においては、実績があるものから選ぶ方がよいと思います。

パッケージの中身です。補修で使用する主剤(レジン)は 1グラムで5回分

準備工程(レジン注入前)

リペアキットに付属しているカミソリ歯と精密ドライバーを使って、キズ部分をキレイに整えます。

キズの中心部に4点ポジショニングツール(キット付属)をセットします。

レジンチャンバー(キット付属)をセットし、キズの中心部にあたるようにねじ込みます。

キズの中心部に軽くあたるぐらいまでねじ込みます

リペア工程(レジン注入)

補修材(レジン)の注入工程は日陰で行います。

レジンチャンパーに補修材(レジン)を数滴垂らします。
数滴垂らした後、レジンチャンバーにプレッシャードライバ(キット付属)にねじ込みます。
レジンチャンバーを押さえて、レジンチャンバーをねじ込んでいきます。
レジンチャンバーから補修材(レジン)が漏れでてきたら、レジンチャンバーのねじ込みをやめます。

レジンチャンバーから補修材(レジン)が漏れてきます

この状態で15分程度放置します。
圧を加えて放置することで、キズ全体にレジンを注入します。

レジンチャンバーを取り外して、ガラス面についているレジンをふき取ります。
レジンは紫外線で硬化します。
この時点でレジンは硬化していないため、ウエスで簡単に拭きとれます。

キズ部分に補修材(レジン)を1滴たらして、透明フィルム(キット付属)を貼り付ます。

仕上げ工程

透明フィルムを貼り付けた後は、補修材(レジン)に紫外線にあてて、硬化させます。

日が当たるところにクルマを移動し、15分程度放置します。

透明フィルムの上から押さえて、レジンの硬化が確認できたら、透明フィルムを剥がします。

ガラス面についているレジンをカミソリ歯(キット付属)の歯を立てて、削り取ります。

仕上げが終わったフロントガラス。車内からだとキズはほとんどわかりません

今回はここまでです。

リペアキットを使用すれば、DIYでもここまでキレイに修理できます。

誤字脱字、意味不明でわかりづらい、
もっと詳しく知りたいなどのご意見は、
このページの最後にある
コメントか、
こちら
から、お願いいたします♪


ポチッとして頂けると、
次のコンテンツを作成する励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

参考になったら、💛をポッチとしてね♪

スポンサーリンク
msakiをフォローする
スポンサーリンク