Androidアプリ開発

設定値を操作するGUIスライダーの実装

Androidアプリ開発
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

この記事は Android スマホ用のアプリ開発の中で、
今後の開発で再使用性が高いと思われるコーディングをまとめたものです。
Java での開発経験、XML 構文規則、Android のアプリ開発経験がある方を対象としています。
Android のアプリ開発でお役にたててれば、嬉しいです。
(これから Android のアプリ開発や Java での開発を始めたい方への案内は、
記事の最後で紹介します)

テーマ

音量ボリュームの調整のような設定値を操作するGUIスライダーを実装する


下記の動画は、
GPS 走行解析アプリ(
Archive Pro)の減速区間を判定する
減速G の指定をスライダーで操作している動画です。
スライダーを左右に操作することで、
減速区間を判定する減速G を増減させて、
走行軌跡の減速区間を再表示しています。


GUIスライダーの実装

◎ポイント
スライダー本体は、SeekBarを使用します。
画面上での配置、サイズ、色などの属性情報はレイアウト XML に定義し、
スライダー操作時の処理は、Activity(または、Fragment)に記述します。
今回は、GUI スライダー(SeekBar)の実装について、解説したいと思います。

◎画面上での配置、サイズ、色などの属性情報
SeekBar だけでは設定値がわからないので、
TextView を合わせて配置します。
また、スライダーコンポーネントとして、
LinearLayout で囲み、背景を与えています。

     :
        <LinearLayout
            android:id="@+id/scalar"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:orientation="horizontal"
            android:layout_centerInParent="true"
            android:background="@drawable/bg_cyan0"
            android:visibility="invisible">
            <SeekBar
                android:id="@+id/seekbar"
                android:layout_width="220dp"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_marginStart="8dp"
                android:thumbTint="@color/red"                  <!-- つまみの色 -->
                android:progressBackgroundTint="@color/grey400" <!-- バーの色  -->
                android:progressTint="@color/red000"            <!-- バーが進んだ色  -->
                android:background="@android:color/transparent"/>
            <TextView
                android:id="@+id/deceleration"
                android:layout_width="40dp"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_marginEnd="8dp"
                android:textAlignment="textEnd"
                android:textSize="12sp"
                android:background="@android:color/transparent" />
        </LinearLayout>
        :

dwawable に背景用XML(bg_cyan0.xml)を作成します。
指定色の追加は、color.xml に追記します。

<shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" android:shape="rectangle">
    <corners android:radius="150dp"/>
    <solid android:color="@color/cyan802"/>
</shape>
  : 
    <color name="grey400">#B0B0B0</color>
    <color name="red000">#B0FF3232</color>
    <color name="cyan802">#201080B5</color>
    :
</resources>

◎スライダーの操作時の処理
スライダーで指定できる最小値と最大値は、setMinsetMax にそれぞれ指定します。
現在値は、setProgress に指定します。

private float                   DECELERATION = -0.05f;
     :
        SeekBar seekBar = findViewById(R.id.seekbar);
        TextView textView = findViewById(R.id.deceleration);
        textView.setText(String.format("%.2f G", DECELERATION));
        seekBar.setMin(-20);
        seekBar.setMax(2);
        seekBar.setProgress((int)(DECELERATION * 20));
        seekBar.setOnSeekBarChangeListener(new SeekBar.OnSeekBarChangeListener() {
            @SuppressLint("DefaultLocale")
            @Override
            public void onProgressChanged(
                    SeekBar seekBar, int progress, boolean fromUser) {
                DECELERATION = (float) progress / 20;
                textView.setText(String.format("%.2f G", DECELERATION));
                // スライダーの操作時の処理 
                //(走行軌跡の減速区間の再表示)
                :
            }
            @Override
            public void onStartTrackingTouch(SeekBar seekBar) {
            }
            @Override
            public void onStopTrackingTouch(SeekBar seekBar) {
            }
        });
        :

スライダーの操作は、リスナー(OnSeekBarChangeListener)の onProgressChangedで、
指定値(progress)を取得して、スライダーの操作時の処理を記述します。

今回は、ここまでです。

参考 : Android API reference

誤字脱字、意味不明でわかりづらい、
もっと詳しく知りたいなどのご意見は、
このページの最後にある
コメントか、
こちら
から、お願いいたします♪


ポチッとして頂けると、
次のコンテンツを作成する励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


◎これからAndroidのアプリ開発やJavaでの開発を始めたい方へ

初めての Android のアプリ開発では、アプリケーション開発経験がない方や、
アプリケーション開発経験がある方でも、Java や C# などのオブジェクト指向言語が初めての方は、
書籍などによる独学ではアプリ開発できるようになるには、
かなりの時間がかかりますので、オンラインスクールでの習得をおススメします。

未経験者からシステムエンジニアを目指すのに最適かと、
まずは無料相談から♪


無料でJava言語を学べるのはかなり魅力的♪
でも、応募資格は35歳以下です


未経験者からプログラマーを目指すのに最適かと、
まずは無料カウンセリングから♪


カリキュラムとサポートがしっかりしています、
お得なキャンペーンとかいろいろやっています♪


ゲーム系に強いスクール、UnityやUnrealEngineを習得するのに最適かと、
まずは無料オンライン相談から♪

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました