Google Playアプリ

GPS走行記録アプリ Archive+

Google Playアプリ
この記事は約31分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

Androidアプリ「GPS走行記録アプリ Archive」に
タイム計測機能を
プラスした「GPS走行記録アプリ Archive+」について、
使用方法を中心にご紹介したいと思います。

GPS走行記録アプリ ArcArchive+

GPS位置情報やスマホ内蔵センサーを使用して、
走行軌跡や加速度などの走行データを記録するアプリです。
走行時の天候や気温などのコンデイションを、
走行データと合わせて、スマホ本体に保存できます。
保存した走行データに計測ラインを自由に設定、
タイムの確認や走行データのグラフ表示など、
いつでも・どこでも走行データを確認できるようになります。

最初の走行では計測ラインが設定されていないので、計測の開始は加速度の検知で行います。
計測の終了は、速度が時速4キロ以下が5秒間続くと、自動停止します。
計測後に走行データ画面から、コース画面に画面遷移して、スタートとゴールの計測ラインを設定しています。
2回目の走行では、スタートライン通過で計測開始します。

この下にあるアイコンから、
GPS走行記録アプリ Archive+をダウンロードできます。

Google Play で手に入れよう

★私が参加している練習会・競技会の会場での使用限定
アプリをお試しで使ってみたい人に、
アプリのインストールされた
スマホGPSロガーをお貸しします。
走行予定を確認していただき、お問い合わせからご予約下さい。
スマホ: Xperia1(SO-03L)
GPSロガー: GL-770、デジスパイス4

GPS走行記録アプリ Archive+

GPSの位置情報や内蔵センサーを使用して、
走行軌跡や加速度などの走行データを記録するアプリです。
開発した背景としては、
GPS走行記録アプリ Archive」に
GPSタイム計測アプリ Laps」の タイム計測機能
欲しいと思ったことがきっかけです。
タイム計測が簡単にできることを追加要件として、開発しました。

タイム計測が簡単にできること
・タイム計測はスタートライン通過で開始、ゴールライン通過で終了する。
・走行データを使用して、計測ラインを設定できる。
・スタートラインとゴールラインは登録した計測ラインから自由に選択できる。
・計測ラインはインポート&エクスポートでき、データ交換が可能であること。

「GPS走行記録アプリ Archive」との違い
・タイム計測機能
・コース管理に計測ライン編集機能
走行データ表示の加速度グラフをGPSデータ算出値に変更
パーツおよび、セッティング管理機能を省略

動作環境

・Android8.0以降でGPS・加速度・磁気センサーを搭載しているスマートフォン
・外部GPSとして、DG-PRO1(DG-PRO1S)、GL-770、デジスパイス3、デジスパイス4で
 動作を確認しています。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

スマホ内蔵GPSでも走行データを記録できますが、

GPSロガーの使用をおすすめします♪

詳しくは、こちらです。

変更履歴(V2.0)
・走行データ画面から、計測ラインを修正する画面に遷移できるように変更しました<new>
・計測ライン修正を標準機能として使用できるように変更しました<new>
・Back キー(Back ボタン)に対応しました
・減速区間を判定する減速Gを調整する機能を追加しました
・減速区間がわかるように走行軌跡の表示を変更しました
・走行データを出力する機能を追加しました
・レーティング確認を追加しました
・計測自動停止機能を追加しました
・SNS投稿機能を追加しました
走行データの取り込み機能を追加しました
・レイアウト、メニューを変更しました
・2022年4月 初版リリース

画面項目説明

各画面の画面項目について、説明します。

メイン画面

測定の実行や測定結果を一覧表示する画面です。

①気温
気象データ(またはSwitchBot温湿度計)の気温を連携して表示します。
入力または修正する場合は、表示部分をタップすることで、入力画面を表示します。

②路面温度
気温と路面状況から路面温度を推測して表示します。
入力または修正する場合は、表示部分をタップすることで、入力画面を表示します。

③路面状態
気象情報データの天候から路面状況を推測して表示します。
変更する場合は、表示部分をタップすることで、選択画面を表示します。
 ドライ(Dry)
 セミドライ
(Semi dry)
 セミウエット(Semi wet)
 ウエット
(Wet)
 砂浮き
(Sand float)
 凍結
(Frozen)

④湿度
気象情報データ(またはSwitchBot温湿度計)の湿度を連携して表示します。
入力または修正する場合は、表示部分をタップすることで、入力画面を表示します。

⑤気圧
気象情報データ(またはスマホ内蔵センサー)の気圧を連携して表示します。
入力または修正する場合は、表示部分をタップすることで、入力画面を表示します。

⑥天候
気象情報データの天候を連携して表示します。
変更する場合は、表示部分をタップすることで、選択画面を表示します。
 晴れ(Sunny)
 晴れ→曇り
(Sunny → Cloudy)
 晴れ→雨
(Sunny → Rainy)
 曇り
(Cloudy)
 曇り→晴れ
(Cloudy → Sunny)
 曇り→雨
(Cloudy → Rainy)
 雨
(Rainy)
 雨→晴れ
(Rainy → Sunny)
 雨→曇り
(Rainy → Cloudy)

気象情報データの連携は、解除オプション機能です

⑦基準設定
基準設定をタップすることで、現在のピッチとロールを基準値として設定します。

⑧走行データ
走行データをリスト表示します。
リスト表示の内容は、コース名、日付と時刻、最高速(時速)です。
走行データをタップすることで、走行データ画面に遷移します。
走行データを左方向にスワイプすることで、削除できます。

⑨●REC(計測開始)または、■STOP(計測終了)
●REC のタップで計測を開始します(表示が■STOPに変わります)
■STOP のタップで計測を終了します(表示が●RECに変わります)

スタートラインを設定しているコースでの計測
記録開始後、スタートラインを通過すると計測を開始します。
現在位置付近を表示する
レーダーで現在位置とスタートラインが確認できます。

スタートラインを設定していないコースので計測
記録開始後、動き出しを検知すると計測を開始します。
動きだしの検知は、加速度センサーを使用します。
動き出しの検知は、システムパラメータ「
MEASURE_SWITCH」の値で調整可能です。

計測自動停止機能は、
記録開始後に速度が
8km/hに達した時点で有効となり、
4km/h以下の状態が 5秒間続くと計測を自動で終了します。

⑩メニュー
タップすると、メニューを表示します。

 バックアップ
 すべてのデータをバックアップします。

 リストアップ
 バックアップしたデータをリストアします。

 走行データを取り込む
 走行データファイルを取り込みます。

 疑似ロケーションアプリを起動する
 疑似ロケーションアプリ を起動します(システムパラメータ を設定した場合のみ有効)

 疑似ロケーションアプリを停止する
 疑似ロケーションアプリ を停止します( MockLocationService のみ有効)

 解除オプションを購入する
 解除オプションを購入します。
 解除オプションの有効期限は1週間です(有効期限が切れた場合、再購入できます)

 コース設定
 コース画面に遷移します。

 システム設定
 システム設定画面に遷移します。

 データクリア
 すべての計測結果を削除します。

 ヘルプ
 ブラウザで操作説明ページを表示します。

解除オプションの購入で有効化される機能
・バックアップ
・リストア
・広告表示の停止
・インターネット未接続でも使用可能
・気象データを連携して、天候・気温・湿度・気圧を自動入力する(インターネット接続時のみ)

⑪レーダー
計測中に、現在位置付近を表示します。
レーダーの表示では、現在位置(オレンジ●)、計測ライン(青x)、速度(時速)、GPS更新レート(Hz)です。

スタートラインを設定したコース を計測する場合、
スタートラインを通過して、計測を開始するまでの間だけ表示します。

⑫コース
コース名をタップすると、コース名をリスト表示します(リストから選択します)

走行データ画面

測定結果を確認する画面です。

①走行軌跡
走行軌跡を表示します(赤部分は減速区間です)

②コンディション
コース名、日付と時刻、気温、路面温度、湿度、気圧、天候、路面状態を表示します。

③速度グラフ
速度(時速)をグラフ表示します。
ピンチ操作、スクロール操作でグラフを拡大・縮小、スクロール可能です。
グラフをタップすることで、速度のマーカーと走行軌跡グラフにポインター(黄色)を表示します。

速度は、ローパスフィルタでノイズをカットしています。
システムパラメータ「
LPF」でローパスフィルタの強弱を調整できます。

④加速度グラフ
縦方向と横方向の加速度(G)をグラフ表示します。
ピンチ操作、スクロール操作でグラフを拡大・縮小、スクロール可能です。
グラフをタップすることで、加速度のマーカーと走行軌跡グラフにポインター(黄色)を表示します。

加速度は、GPS の位置情報と速度から計算します。

⑤ピッチ&ロールグラフ
ピッチ方向とロール方向の傾き(角度)をグラフ表示します。
ピンチ操作、スクロール操作でグラフを拡大・縮小、スクロール可能です。
グラフをタップすることで、傾きのマーカーと走行軌跡グラフにポインター(黄色)を表示します。

⑥画面終了<×アイコン>
タップすると、走行データ画面を終了します。

⑦計測ライン
スタートラインとゴールラインを点線(緑色)で表示します。

⑧現在位置
現在位置が 走行軌跡付近の場合、現在位置にポインター(薄橙色)を表示します。

⑨メニュー
タップすると、メニューを表示します。

 コース設定
 表示している走行データのコース画面に遷移します。

 走行データを出力する
 表示している走行データを出力します

 走行データを取り込む
 同じコースの走行データとして、走行データを取り込みます

 SNSに投稿する
 走行データ画面を添付して、SNSに投稿します


 減速判定を調整する
 減速G を指定するスライダーを表示します

 閉じる
 走行データ画面を終了します

スライダーを左右に動かして、減速区間を判定する減速Gを指定します。
メニューの「減速判定を調整する」を再タップすると、スライダーを非表示にします。

減速判定で使用する減速Gを指定(-1.00~0.1Gの範囲で0.05刻み)するスライダー

コース画面

コースの登録やコースを一覧表示する画面です。

①コース
コースをリスト表示します。
コースをタップすると、
詳細を表示します。

コースを左方向にスワイプすると、コースを削除します

②メニュー
タップすると、メニューを表示します。

 コースを追加する
 追加するコースの名称を入力する画面を表示します

 閉じる
 コース画面を終了します

③画面終了<×アイコン>
タップすると、コース画面を終了します。

コース画面(詳細)

計測ラインを確認する画面です。

①計測ライン
計測ラインをタップすると、計測ライン名の入力画面を表示します。

左方向のスワイプで計測ラインを削除できます

②編集ボタン<location editアイコン
タップすると、
操作モード に切り替わります。

③走行軌跡
選択した走行データの走行軌跡を表示します。

④計測ライン
計測ラインの始点と終点を× 印で表示します。

⑤登録ボタン
タップすると、変更内容を更新して、詳細を閉じます。

⑥キャンセルボタン
タップすると、変更内容を破棄して、詳細を閉じます。

⑦メニュー
タップすると、メニューを表示します。

 コース名を変更する
 コース名の入力画面を表示します

 計測ラインを修正する
 
操作モードに切り替わります

 走行データを選択する
 走行データをリスト表示します

 スタートラインを選択する
 計測ラインをリスト表示します


 ゴールラインを選択する
 計測ラインをリスト表示します

 
計測ラインを出力する
 スマホ本体やGoogleドライブのファイル選択画面を表示しますので、
 ファイル名を指定するか、ファイルを選択します。

 計測ラインを取り込む
 スマホ本体やGoogleドライブのファイル選択画面を表示しますので、
 計測ラインファイルを選択します。

< 操作モード >
操作モードでは、走行軌跡をピンチ操作、スクロール操作で拡大・縮小、スクロール可能です。
ダブルタップで拡大・縮小、スクロールを解除します。

①追加ボタン<location addアイコン
タップすると、
追加モード に切り替わります。

②修正ボタン<location editアイコン
タップすると、操作モードを解除します。

< 追加モード >
追加モードでは、走行軌跡上にラインを引く感覚で計測ラインを追加できます。

①追加ボタン<location addアイコン
タップすると、計測ラインを追加します( 始点と終了を指定している場合
追加後は
操作モードに切り替わります。

②修正ボタン<location editアイコン
タップすると、
操作モードを解除します

システム設定画面

システムパラメータを変更する画面です。

①システムパラメータ一覧
システムパラメータをリスト表示します。
システムパラメータをタップすると、パラメータ値の入力画面を表示します。

②メニュー
タップすることで、メニューを表示します。

 パラメータを初期化する
 すべてのパラメータを初期状態に戻します

 閉じる
 システム設定画面を終了します

③画面終了<×アイコン>
タップすると、システム設定画面を終了します。

操作説明

各機能の操作方法について、説明します。

基準設定(メイン画面)

①スマホ本体を設置します。
基準設定 をタップします(ピッチとロールのオフセット設定)

走行データの記録(メイン画面)

●REC ボタンのタップします(ボタン表示は■STOPに変わります)
 
スタートラインを通過、または動き出しを検知すると走行データの記録を開始します。
■STOP ボタンをタップします(ボタン表示は●RECに変わります)
 走行データの記録を終了します。

スタートラインを設定しているコース
●REC ボタンのタップ後、スタートラインを通過すると走行データの記録を開始します。

スタートラインを設定していないコース
●REC ボタンのタップ後、動き出しを検知すると走行データの記録を開始します。

走行データの表示

①メイン画面の走行データ一覧から、表示したい走行データをタップします(走行データ画面に遷移)
②走行データ画面で走行軌跡グラフ、速度グラフ、加速度グラフ、ピッチ&ロールグラフを
 ピンチ操作、スクロール操作で確認します。
 速度グラフ、加速度グラフ、ピッチ&ロールグラフをクリックすると、
 マーカーと走行軌跡グラフにポインターが表示されます。

コースを追加する

①コース画面のメニューで、コースを追加するをタップします(入力画面が表示)
③入力画面でコース名を入力し、OKボタンをタップする。

計測ラインを登録する

①コース画面からコースをタップして、詳細 を表示します。
②コース画面(詳細)のメニューから、
走行データを選択する をタップします(走行データをリスト表示します)
③走行データのリスト表示から、走行データをタップします(走行軌跡を表示します)
④編集ボタン<location editアイコン>をタップし、
操作モードに変更します。
⑤追加ボタン<location addアイコン>をタップし、
追加モードに変更します。
⑥走行軌跡上にラインを引く感覚で計測ラインを引いて、
 追加ボタン<location addアイコン>をタップします。
 計測ラインを複数追加する場合は、⑤⑥の操作を繰り前します。
編集ボタン<location editアイコン>をタップし、操作モードを解除します。
⑧登録ボタンをタップします。

計測ライン編集を使用して、登録する方法以外に、
GPS走行解析アプリ Archive Pro」や
GPSタイム計測アプリ Laps」で
出力した計測ラインファイルを「計測ラインを取り込む」を使用して、
登録することができます。

タイム計測で使用する計測ラインは、
GPS走行解析アプリ Archive Pro」や
GPSタイム計測アプリ Lapsでも作成できます。

スタートライン(ゴールライン)を選択する

①コース画面からコースをタップして、詳細 を表示します。
②メニューから、
スタートラインを設定するをタップします(計測ラインをリスト表示します)
③計測ラインのリスト表示から、スタートラインをタップします。
登録ボタンをタップします。

コースの選択

メイン画面の コースをタップします(コース名をリスト表示します)
②リストからコース名をタップします。

コースの削除

①コース画面で削除するコース名を右方向にスワイプします。

走行データを取り込む

メイン画面または、走行データ画面のメニューから、走行データを取り込むをタップします。
②ファイル選択画面を表示します。
 スマホ本体やGoogleドライブにあるフォルダから、
 取り込む走行データファイルを選択します。

走行データ画面から走行データを取り込む場合、
同じコースの走行データとして取り込みます。

走行データ画面の走行データを出力する以外に、
GPS走行記録アプリ Archive」、GPS走行解析アプリ Archive pro」、
GPSタイム計測アプリ Laps」で出力した走行データファイルを取り込むことができます。

この下にあるアイコンから、
走行データのサンプルをダウンロードできます。

走行データを出力する

走行データ画面のメニューから、走行データを出力するをタップします。
②出力するファイルを指定する画面を表示します。
 保存先とファイル名を変更して、保存ボタンをタップします。

ファイル名の既定値は、コース名+時分です。必要に応じて、変更します。

計測ラインを取り込む

コース画面(詳細)のメニューから、計測ラインを取り込む をタップします。
②ファイル選択画面を表示します。
 スマホ本体やGoogleドライブにあるフォルダから、
 取り込む計測ラインファイルを選択します。

この下にあるアイコンから、
計測ラインのサンプルをダウンロードできます。

計測ラインを出力する

コース画面(詳細)のメニューから、計測ラインを出力するをタップします。
②出力するファイルを指定する画面を表示します。
 保存先とファイル名を変更して、保存ボタンをタップします。

ファイル名の既定値は、コース名です。必要に応じて、変更します。

SNSに投稿する

①走行データ画面のメニューから、SNSに投稿するをタップします。
②投稿先のSNSを選択する画面を表示します。
 走行データ画面のスクリーンショットを添付した状態で、
 SNSの投稿画面を表示します。
 メッセージ等を入力して、投稿します。
 
スマホ本体にインストールしているSNSアプリのみ選択可能です。
 SNS投稿には、事前に SNSアプリへのログインが必要です。

Twitterへの投稿画面

バックアップ(解除オプション機能)

①メイン画面のメニューから、バックアップをタップします。
②出力するファイルを指定する画面を表示します。
 保存先とファイル名を変更して、保存ボタンをタップします。

ファイル名の既定値は、backup+年月日です。必要に応じて、変更します。

リストア(解除オプション機能)

メイン画面のメニューから、リストアをタップします。
②ファイル選択画面を表示します。
 スマホ本体やGoogleドライブにあるフォルダから、
 バックアップファイルを選択します。

解除オプションの購入

①システム設定画面のメニューから、解除オプションの購入 をタップします。
②Google Play のアイテム購入画面を表示します。
 購入が完了するまで、解除オプションは有効になりません。
 解除オプションの有効期限は、
1週間です(有効期限が切れた場合、再購入できます)

解除オプション(1週間) … 100円

SwitchBot温湿度計の連携

① SwitchBot温湿度計の MACアドレス を調べます。
 SwitchBot スマートフォンアプリで SwitchBot デバイスをクリック(設定 → 本体情報から MACアドレスが確認できます)
②システム設定画面のパラメータ一覧から、「
DEVICE_MAC をタップします。
③入力画面でパラメータ値に
SwitchBot温湿度計のMACアドレス を入力します。

SwitchBot温湿度計は温度と湿度を
Bluetooth接続でインタフェースできるスマート家電です♪

動き出しの検知を調整

システム設定画面のパラメータ一覧から、MEASURE_SWITCHをタップします。
③入力画面でパラメータ値に動き出しの
加速度(G)を入力します。
 計測開始が敏感だと感じる場合は、
0.05刻みで増やします。逆は、減らします。

疑似ロケーションサービスの使い方

①システム設定画面のパラメータ一覧から、変更するパラメータをタップします。
②入力画面でパラメータ値を入力します。
 
PACKAGE
 com.gymtec.mls(MockLocationServiceを使用する場合)
 jp.bizstation.drgps
(DroggerGpsServiceを使用する場合)

 
ACTION
 MockLocationService(GL-770、デジスパイス3、デジスパイス4を使用する場合)
 DroggerGpsService
(DG-PRO1Sを使用する場合)

③メイン画面のメニューから、
疑似ロケーションアプリを起動するをタップします。
 停止する場合は、疑似ロケーションサービスの各アプリを起動し、アプリ画面から停止します。

 疑似ロケーションアプリ(MockLocationService)は、シームレスで起動と停止が可能です。
 疑似ロケーションアプリ(DroggerGpsService)は、
起動のみ可能です。
 停止は、
Drogger-GPSから行います。

その他

画面項目や操作説明以外について、説明します。

システムパラメータ

システム設定画面のパラメータ一覧から選択、パラメータ値を変更します。

ACTION(疑似ロケーションサービスを利用する場合はサービス名を指定)
ALPHA
(センサーのノイズカットを 0.1 (弱) ~ 0.9 (強) の範囲で指定 。初期値は 0.8
DEVISE_MAC
(SwitchBot温湿度計のMACアドレス)
G_SCALE
(グラフスケールの割合を0~10で指定。初期値は 0
LATITUDE
(GPS緯度を北緯、南緯ともに1を指定。初期値は 1
LONGITUDE
(GPS経度を西経、東経ともには1を指定。初期値は 1
LOCUS_DRAW_FILTER
(レーダー描画停止の速度を指定。初期値は 50 )
LPF
(ローパスフィルタを 0.1 (弱) ~ 0.9 (強) の範囲で指定 。初期値は 0.8

MEASURE_SWITCH
(計測開始の加速度(G)を指定。初期値は 0.1
NEARBY
(計測ラインと走行軌跡の許容近接距離を指定。初期値は 100 )
PACKAGE
(疑似ロケーションサービスを利用する場合はパッケージ名を指定)
R_SCALE
(レーダーのスケールを10~100で指定。初期値は 50
SPEED_CUT_FILTER
(走行データ表示の対象速度(km/以上)を 0.0 ~ 10.0 の範囲で指定。初期値は 0.0
USE_STAND
(本体を立てて使う場合はtrue、寝かせて使う場合はfalse。初期値は false

測定精度を上げる

スマホ内蔵GPS は、人が歩くスピードでの使用を想定しているため、
位置情報の取得は、最大で
1秒間に1回(1Hz)です。
モータースポーツなどで使用する場合、
最低でも
1秒間に5回(5Hz)程度ないと、正確に計測できません。
とくに、モータースポーツなどで使用する場合は、
GPSロガーを使用して、アプリを動作させることをおすすめします。

GPSロガーの位置情報でアプリを動作させる場合、
疑似ロケーションアプリを使用します。

疑似ロケーションアプリは、GPSロガーにBluetoothで接続し、
GPSロガーから受信した位置情報を、スマホの位置情報として中継します。
このため、疑似ロケーションアプリが起動中は、
スマホ上でGPS位置情報を使って動作するアプリは、
GPSロガーの位置情報で動作するようになります。

疑似ロケーションアプリ(MockLocationService)

疑似ロケーションアプリ(DroggerGpsService

アプリで動作を確認しているGPSロガー(GPSレシーバ)です。
測定精度を向上したい場合に使用します。

誤字脱字、意味不明でわかりづらい、
もっと詳しく知りたいなどのご意見は、
このページの最後にある
コメントか、
こちら
から、お願いいたします♪

スマホを車載するのに使っています♪
ワンタッチで付け外しできて、ガッチリ固定できます♪

ポチッとして頂けると、
次のコンテンツを作成する励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント欄