Google Playアプリ

DG-PRO1/デジスパイス対応
GPS走行解析アプリ ArchivePro

この記事は約51分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Androidアプリ「GPS走行記録アプリ Archive」の機能拡張版
GPS走行解析アプリ ArchivePro」について、
使用方法を紹介します。

GPS走行解析アプリ ArchivePro

GPS位置情報や各種センサーを使用して、走行軌跡や速度など走行データを記録します。
走行時の天候や気温などのコンデイションやタイヤの空気圧や足回りのセッティングなど、走行データと合わせて、スマホ本体に保存します。
保存した走行データに計測ラインを自由に設定、区間タイムの確認や同じコースの走行データのグラフを比較表示など、いつでも・どこでも走行データの分析ができるようになります。

走行ビデオを登録することでモーション(ゴーストモーション)と連動して再生することが可能です

スマホ感覚で、大きな画面でアプリが使えます♪

GPS走行解析アプリ ArchivePro

GPS の位置情報や内蔵センサーを使用して、走行軌跡や加速度などの走行データを記録するアプリです。
開発した背景としては、新機能の開発検証用として、広告の表示なしで利用できる「
GPS走行記録アプリ Archive」をローカライズしたバージョンが欲しいと思ったことがきっかけです。

「GPS走行記録アプリ Archive」との違い
・計測ライン設定および、区間計測機能
・計測ラインのコピー機能
・走行データの外部連携機能(メール送信)
走行データの比較表示、ゴーストモーション再生
走行ビデオの連動再生
・高度差グラフ表示

動作環境

・Android8.0 以降で GPS・加速度・磁力センサーを搭載しているスマートフォン
・外部GPS として、DG-PRO1(DG-PRO1S)、デジスパイス4、デジスパイス3、GL-770、GL-770Mで動作を確認しています。

アプリ起動時にGPSの位置情報を取得しています。
スマホ本体の設定で「
位置情報を使用」を有効にしてください。
この設定が無効または、位置情報が取得できない場合、
制限モードで動作します。
制限モードでは、走行データが記録できません。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

スマホ内蔵GPSでも走行データを記録できますが、

GPSロガーの使用をおすすめします♪

詳しくは、こちらです。

GPSで走行データの記録&比較分析 – ArchiveProをダウンロードできます↓↓↓

Google Play で手に入れよう

変更履歴(V5.9.194)
・計測ライン設定にポイントモードを追加しました<new>
・走行データ画面にトップ速度とマーキングの表示を追加しました<new>
・モーション再生でボトム速度とマーキングの表示を追加しました<new>
・到着地点が計測ライン上にあるか判定を追加しました<new>
・走行データ画面のボトム速度を選択した区間のみ表示に変更しました<new>
・走行軌跡のズームを変更しました<new>
・走行データ画面にボトム速度とマーキングの表示を追加しました<new>
・走行データ画面にボトムポインター表示を追加しました<new>
・疑似ロケーションの起動チェックをRECボタンのタップ時に変更しました<new>
・メイン画面から直接走行ビデオを再生できるように変更しました<new>
・モーション再生の画面レイアウトを変更しました<new>
モーション再生と動画の同期再生に対応しました<new>

・コース選択による走行データのフィルタ表示機能を追加しました<new>
・動画ファイルを含む
フルバックアップをサポートしました<new>
・走行データ画面のレイアウトを変更しました<new>
動画コントローラの背景の透過表示(黒色)を無効化しました<new>
コース&パーツ画面に画面名とレイアウトを変更しました<new>
インストール時にサンプルデータをロードできるように対応しました<new>
DUEL連携データのチャプタを最大10までに対応しました<new>
DUEL連携データの出力機能を追加しました<new>
走行データを編集する機能を追加しました<new>
・セッティングの表示位置を変更しました
・走行データの記録時のモニター表示を変更しました
・計測ラインの通過で走行データの記録を開始するモードを追加しました
・パラメータの並びを昇順に修正しました
・走行軌跡のタップで速度表示する機能を追加しました
・システムバーの透明化で表示領域を拡大しました

・Android14に対応しました
・画面遷移をフェードイン・アウトに変更しました
・計測ライン設定の操作性を変更しました
・タブレットに対応しました
・制限モードを追加しました
・計測ライン設定画面の走行軌跡を加速・減速表示に変更しました
・自動停止の待機時間を5秒→3秒に変更しました
・速度グラフにコーナリング半径を表示する機能を追加しました
・走行データを平準化する機能を追加しました
・加速度グラフの表示を変更しました
・GPSが疑似ロケーションアプリに切り替わっているか判別できる機能を追加しました
・モーション再生のスロー再生機能を追加しました
・走行データ比較でスタート地点を補正する機能を追加しました
・スタート位置の判定方法を変更しました
・メイン画面の走行データの表示を計測区間内の最高速とタイムに変更しました
・コース名、パーツ名を省略表示から、スクロール表示に変更しました
・リスト選択で、前回のスクロール位置で再表示するように変更しました
・編集中のコースに近接する計測ラインを選択、コピーする機能を追加しました
・計測ライン、コース図を含むコースのコピー機能を追加しました

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

V4.16へバージョンアップする前に登録した走行データは、
走行データ画面のメニューの
走行データを平準化する を実行してください。
走行データを新しい形式にコンバージョンします。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

V4.13へバージョンアップする前に登録した走行データについては、
走行データのコースを計測ライン設定画面で表示することで、
メイン画面の走行データの表示を計測区間内の最高速とタイムに切り替わります。

インストール直後(データがない状態)など、アプリ起動時にサンプルデータをロードできるようになりました

この記事では、
追加機能についてのみ、ご説明いたします。

基本操作は、「GPS走行記録アプリ Archive」と同じです。

GPS走行解析アプリ ArchivePro」を使用している記事です↓↓↓