DIY

簡単!? DIYで凹んだフェンダーを直す

DIY
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

今回は趣味(DIY)の話をしたいと思います。
私は捨てることが苦手で修理して使い続ける性格で、
それが高じてDIYするようになりました。

この記事は次のような人におすすめ!

・DIYに興味がある人
クルマの凹みを修理したい
デントリペアに挑戦してみたい人

この記事を読めば…

デントリペアで凹みがどの程度直せるかが分かります。

DIYレベル

★★☆☆☆ 簡単(完璧を目指すなら、デントリペア専門店にお願いするのが吉♪)


デントリペアで使用する工具一式です♪
叩く、押す、引っ張る、デントリペアのすべての方法に対応できるセットです。

凹んだフェンダー

ジムカーナ車両の宿命ともいえますが、
パイロンに当てて凹んでしまったフェンダー。
ターンで当てても
あまり凹むことはありませんが、
スラロームや規制パイロンでは軽く当てたつもりでも、
簡単に凹んでしまいます。

リペア前のフェンダー。

デントリペア

デントリペアは、凹んだ箇所を叩いたり、押したり、引っ張たりして、
元の形状に戻す板金塗装を必要としない修理方法です。
今回直す箇所がフェンダーということで、
車両から外せる箇所であることから、叩いて直すポンチングという方法で
修理しました。
ポンチングで必要な工具は、専用ポンチとハンマーだけです。

ポンチング

取り外したフェンダーの裏からポンチとゴムハンマーを使用して、
凹んだ部分を叩きます。
凹みの大きさや形状に応じて、
先端の形状のアタッチメントを使い分けます。
凹みが浅く広かったので、
先端が平なアタッチメントを使用しました。

叩く箇所、叩く強さなど、こればかりは慣れが必要です。
凹みを光に当てながら、じっくり時間をかけて叩けば、
かなりキレイにリペアできると思います。

リペア後のフェンダー。

今回はここまでです。

タイヤとインナーフェンダーを外せば、裏から叩くことができますので、
わざわざクルマから外す必要はなかったかもしれません。
次にリペアすることがあれば、外さないでリペアに挑戦したいと思います。
フェンダーの凹みが気になる人、叩くだけで簡単に修理できるポンチング、
挑戦してみてはどうでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました