Google Playアプリ

NMEAフォーマット対応
GPSデータ再生アプリ Sim

この記事は約20分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

Sim』は GPSデータをスマホの位置情報として、シミュレーション再生するサービス型アプリです。

NMEAフォーマットのGPSデータを、スマホの位置情報として、リアルタイム再生することができます。
アプリに対応していないGPSデータロガーを有効活用できないかと開発したのが、「GPSデータ再生アプリ Sim」です。

GPSデータ再生アプリ Sim

『Sim』はGPSデータを、スマホの位置情報として再現する疑似ロケーションアプリです。
再生できるGPSデータは、GPS受信機の標準フォーマット NMEA形式のデータまたは、『GPSタイム計測アプリ Laps』などのArchive形式のデータです。
GPS位置情報で動作するアプリを起動し、GPSデータを再生することで、スマホがあたかも、その位置を移動しているかのように振る舞います。

GPSタイム計測アプリ Laps については、こちら↓↓↓

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

スマホ本体の設定で「開発者向けオプション」を有効にし、「仮の現在地情報アプリを選択」で「Sim」を選択してください。詳しくは、こちらです。

GPSデータ再生アプリ Sim

GPSデータをスマホの位置情報として、シミュレーション再生するアプリです。
GPSロガーで記録したNMEAフォーマットのGPSデータを、あたかもスマホがその位置を移動しているかのように緻密に再現します。
非対応のGPSロガーでのアプリの利用や、位置情報を扱うアプリの開発やテストで使用できます。
アプリには、
GPSデータの活用位置情報の移動を緻密に再現GPSデータの分析する機能があります。

GPSデータの活用
・GPS受信機の標準フォーマット NMEAフォーマットに対応
・GPSタイム計測アプリ(Laps)やGPS走行記録アプリ(Archive)の走行データを利用できる
・アプリでGPSデータを記録できる

位置情報の移動を緻密に再現
・スマホの位置情報を100ミリ秒単位で再生できる
・GPSデータの記録が1秒単位であっても、B-スプライン曲線で補間できる
・10秒後に開始など、再生開始前にアプリを操作するための時間を確保できる

GPSデータの分析
・GPSデータをもとに、軌跡や速度のグラフを表示できる
・軌跡と速度のグラフを連動して操作できる
・軌跡と速度のグラフをもとに、モーション再生できる

アプリの動作環境


・Android8.0以降のスマートフォンまたは、タブレット

現在、Google Playにアプリ公開を申請中です。承認完了までしばらくお待ちください。

GPS位置情報をシミュレーション再生 – Simをダウンロードできます↓↓↓

Google Play で手に入れよう

変更履歴(V1.0.7)
・新規リリースしました

機能説明

Simは、GPSデータの緯度・経度、速度などをもとに、スマホの位置情報として、GPSから受信した状況を緻密に再現します。
アプリ対応していないGPSデータロガーの利用や、位置情報を扱うアプリの開発やテストで
活用できます。
GPSデータの再生以外に、GPSデータの
記録やビューアによるGPSデータの可視化、分析ができます

カテゴリ機能説明
再現疑似ロケーションGPSデータの位置情報をスマホの位置情報として再現します。
位置情報を使用して動作するアプリは、
GPSデータの位置情報で動作します。
B-スプライン曲線GPSデータの記録が1秒単位であっても、B-スプライン曲線で補間できます。
活用Archive形式GPS走行記録アプリ(Archive)やGPSタイム計測アプリ(Laps)の
走行データをGPSデータとして使用できます。
NMEA形式NMEA形式のデータが出力できるGPSデータロガーであれば、
非対応のGPSロガーでもアプリが利用できるようになります。
サービス起動別のアプリからサービス起動が可能です。
サービスとして動作し、バックグラウンドで動作します。
記録開始●RECボタンをタップして、
動き出しを検知し、速度が4km/hに達した時点で記録を開始します。
自動停止記録開始後、速度が 8km/hに達した時点で有効になります。
4km/h以下の状態が 3秒間続くと記録を終了します。
STOPボタンをタップして、記録を終了することも可能です。
分析軌跡位置情報の移動を軌跡として表示します。
減速区間は軌跡を赤で表示、判別できます。
軌跡はピンチ・スクロール操作で、
拡大・縮小・スクロールが可能です。
グラフ速度をグラフ表示します。
グラフ上の線をタップすることで、
マーカーと軌跡上にポインターを表示します。
モーション再生位置情報の移動の軌跡を使用して、
位置の移動を再現(モーション再生)します。

画面項目説明

各画面の画面項目について、説明します。

Home 画面

GPSデータを再生する画面です。
メニューから、GPSデータの記録、取り込み、バックアップ、リストアや、背景変更、文字色反転の機能を使用できます。

①メニュー
タップすると、メニューを表示します。

GPSデータを記録する(●RECモードのみ)
新しいGPSデータを記録します。

GPSデータを取り込む
GPSデータの形式とファイルを指定して、GPSデータを取り込みます。


 - Archive形式
 GPS走行記録アプリ(Archive)やGPSタイム計測アプリ(Laps)の走行データを取り込みます
 - NMEA0183形式
 GPS受信機の標準フォーマット NMEAフォーマットのデータを取り込みます。

バックアップ
バックアップ先とファイルを指定して、GPSデータをバックアップします。

リストア
バックアップファイルを指定して、GPSデータをリストアします。

背景変更
スマホに保存している画像ファイルを背景画面にします。

文字色反転
文字色を反転します。


ヘルプ
ブラウザで操作説明ページを表示します。

②タブメニュー
遷移先の画面をタップで選択します。
 Home
 View

 System

③モード
●RECモードとPLAYモードを切り替えます。

④B-spline
GPSデータの記録、NMEAフォーマットのデータを取り込みで、B-スプライン曲線による補間処理を行います。

⑤再生方法
GPSデータを再生方法を指定します。

再生を開始する前に、アプリで操作が必要な秒数を指定します。
マップを起動を指定した場合、再生の開始と同時にGoogle マップを起動します。

⑥GPSデータ
GPSデータを一覧で表示します。
タップで選択、右方向のスワイプでView画面に遷移します。

⑦STARTボタン
GPSデータの再生を開始します。

STOPボタン
GPSデータの再生(記録)を終了します。

GPSデータの記録

●RECモードに切り替えて、メニューから「GPSデータを記録する」を選択します。
B-スプライン曲線による補間処理を行う場合は、
B-splineを有効に切り替えます。

GPSデータの記録を実行したあとに、一定の動きと速度を検知後にデータの記録を開始します。
GPSデータの記録を終了する場合は、
STOPボタンをタップします。

GPSデータの記録中は、通知画面からも終了できます。

GPSデータの取り込み

メニューから「GPSデータを取り込む」とファイル形式を選択します。
ファイルを選択する画面から、取り込むファイルを選択します。

GPSデータの再生

PLAYモードに切り替えて、再生するGPSデータのSTARTボタンをタップします。
再生時にマップを起動する、再生前にアプリで操作が必要な秒数を指定したい場合は、再生方法を選択します。

GPSデータの再生記録を終了する場合は、STOPボタンをタップします。

GPSデータの再生中は、通知画面から一時停止(再開)、終了の操作ができます。

View 画面

GPSデータを分析する画面です。
メニューから、GPSデータのタイトル変更、削除、モーション再生や、減速判定を調整する機能を使用できます。

①メニュー
タップすると、メニューを表示します。

タイトルを修正する
表示しているGPSデータのタイトルを修正します。

GPSデータを削除する
表示しているGPSデータを削除します。

モーション再生
表示しているGPSデータのモーション再生ダイアログを表示します。

減速判定を調整する
減速Gを指定するスライダーを表示します。

②タブメニュー
遷移先の画面をタップで選択します。
 Home
 View
 System

③軌跡グラフ
GPSデータの位置情報をもとに軌跡を表示します。
ピンチ操作で軌跡を拡大・縮小できます。
軌跡をタップすることで、タップした位置で速度グラフをマーキングします。
ダブルタップでボトム速度とトップ速度を再表示します。

④データタイトル
GPSデータのタイトルを表示します。

⑤データ詳細
GPSデータの詳細を表示します。
Archive形式のGPSデータの場合、コンディションを表示します。

⑥速度グラフ
GPSデータの速度情報をもとに速度グラフを表示します。
速度グラフをタップすることで、タップした位置で軌跡グラフをマーキングします。

ボトム速度は減速判定の区間内での最低速度です。
トップ速度は減速判定の区間と区間の間での最高速度です。

モーション再生ダイアログ

メニューから「モーション再生を選択します。

ボタンのタップで、モーション再生を開始します。

減速判定を調整する

メニューから「減速判定を調整する」を選択します。