Google Playアプリ

個人事業主のための青色申告アプリ
Blueret

この記事は約26分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

面倒な仕訳入力をアプリでなんかとしたい、、、

計上と決済の自動仕訳をインタフェースするアプリ。
やよいの青色申告』の「弥生データのインポート」をインタフェースの入口として、普段はスマホに仕訳入力だけして、月末に一括で取り込む。

取引(仕訳)は伝票として登録、金額を入力するだけで、計上・決済・手数料の仕訳を一度に起こす優れモノです。

面倒な仕訳入力を、らくらく簡単にできないかと開発したのが、「Blueret: 個人事業主の確定申告で必要な仕訳を楽々記帳」です。
このアプリの使用方法を紹介したいと思います。

Blueret: 個人事業主の確定申告で必要な仕訳を楽々記帳

Blueret』アプリは、青色申告で必要な『仕訳』をスマホで簡単らくらく登録。
登録した仕訳データを会計ソフトに取り込んで使う、青色申告サポートアプリです。

日々発生する取引を『伝票』として登録します。

伝票には、仕訳の登録で使用する『科目』、取引先や口座などの『補助』、締め日、決済日、手数料など登録することができます。

登録している伝票を選んで、金額を入力するだけで、計上・決済・手数料の仕訳を一度に登録できます。

伝票を選択、金額の入力だけで計上仕訳、決済仕訳、手数料仕訳の3つ仕訳を起票しています。
起票した仕訳は、CSVファイルに出力します。

そもそも青色申告って何?という方は↓↓↓

確定申告の事業所得の青色申告は、初年度無料 の「やよいの青色申告オンライン(セルフプラン)」がおすすめです♪
帳簿管理から、確定申告まで一気通貫でオンラインで行えます💛

タブレットだと、スマホ感覚で、大きな画面でアプリが使えます💛

Blueret: 個人事業主の確定申告で必要な仕訳を楽々記帳

青色申告の仕訳を登録、登録した仕訳を会計ソフトに取り込んで使うアプリです。
開発した背景としては、会計ソフトでの仕訳の登録は、同じような仕訳や1つの取引で複数の仕訳を登録するのが面倒で、簡単で楽に登録できないかと思ったことがきっかけです。
操作が少ないこと複数の仕訳を一度に登録できること会計ソフトに取り込めることを要件として、開発しました。

操作が少ないこと
・金額入力だけで、『仕訳』を登録できます。
・『仕訳』のひな型は、『伝票』として登録・変更できます。
・会計ソフトに取り込めるデータを出力できます。

複数の仕訳を一度に登録できること
・『伝票』の決済情報から、決済の『仕訳』を自動登録できます。
・『伝票』の手数料情報から、手数料の『仕訳』を自動登録できます。
・『伝票』の家事按分情報から、家事按分の『仕訳』を調整登録できます。

会計ソフトに取り込めること
・やよいの青色会計に、直接取り込めるデータを出力できます。
・データの出力先は、Googleドライブほか自由に選択できます。

アプリの動作環境


・Android8.0以降のスマートフォン

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

アプリを使用するには、インターネット接続が必要 です。

インターネット接続できない環境下で使用したい場合は、

解除オプションの購入 をご検討ください♪

この下にあるアイコンから、
Blueret: 個人事業主の確定申告で必要な仕訳を楽々記帳をダウンロード(無料)できます。

Google Play で手に入れよう

変更履歴(V1.3)
・パラメータの並びを昇順に修正しました<new>
・画面遷移のヒストリバック機能を追加しました<new>
・ステータスバーを非表示にしました<new>
・インターネット接続のチェックを変更しました<new>
・ドラッグ操作でテキストのスクロールを停止するように変更しました<new>
・Android14に対応しました
・GDPRが適用される国について、GDPR同意確認を追加しました
・先日付の仕訳の出力および、再出力できるよう変更しました
・タブレットに対応しました
・ホーム画面の現在の日付を変更している場合、日付を赤で表示するように変更しました
・ホーム画面からの伝票表示で締め日と決済日を現在の日付から計算するように変更しました
・ファイル出力時に仕訳データをグルーピングする機能を追加しました
・新規リリースしました

機能説明

Blueret: 個人事業主の確定申告で必要な仕訳を楽々記帳 は、同じような仕訳や1つの取引で複数の仕訳を『伝票』として登録し、『伝票』を選択、金額を入力することで『仕訳』を登録します。
登録した『仕訳』を
ファイル出力して、やよいの青色会計にインポートできます。

カテゴリ機能説明
伝票登録と修正仕訳のひな型を伝票として、登録・修正できます。
検索伝票名で検索、結果をリスト表示できます。
削除伝票一覧の伝票を左方向のフリックで削除することができます。
サンプルアプリ起動時に伝票がない場合に、伝票のサンプルを登録します。
仕訳登録と修正伝票リストの伝票を下方向のフリックで、仕訳を登録できます。
仕訳をタップすることで、仕訳を修正することができます。
仕訳登録時は金額のみ入力、選択した伝票から仕訳を登録します。
確定確定ボタンで仕訳リストの仕訳を確定できます。
削除仕訳リストの仕訳を下方向のフリックで削除することができます。
ファイル出力一覧表示仕訳リストボタンのタップで、出力対象の仕訳をリスト表示します。
ファイル出力指定した出力先に、出力対象の仕訳をファイル出力します。
出力した仕訳は、出力済みとしてマークします。
インポートやよいの青色申告やよいの青色申告の「弥生データのインポート」に出力ファイルを指定することで、やよいの青色申告の仕訳データとして、直接取り込むことができます。
サンプルインストール時にサンプルとして、やよいの青色会計の科目と補助科目を登録します。

画面項目説明

各画面の画面項目について、説明します。

ホーム画面

仕訳の登録や修正、登録した仕訳の確認や会計ソフトへ出力する画面です。

①メニュー
タップすると、メニューを表示します。

ホーム画面のメニュー

バックアアップ
現在のデータをバックアップファイルに保存します。

リストア
バックアップファイルからデータを復元します。

仕訳リストを表示する
登録している仕訳を一覧表示します。

仕訳データを出力する
未出力の仕訳を会計ソフトの取り込みデータとしてファイル出力します。

★ファイル出力フォーマット

出力済み仕訳を削除する
出力済みの仕訳データを削除します。

解除オプションの購入

解除オプションを購入します。
解除オプションの有効期限は 30日間です(有効期限が切れた場合、再購入できます)


背景を変更する
スマホに保存している画像ファイルを背景画面にします。

文字色を反転する
文字色を反転します。

ヘルプ
ブラウザで操作説明ページを表示します。

②タブメニュー
遷移先の画面をタップで選択します。
 ホーム        HOME
 伝票         SLIP
 科目         ACT
 補助         AUX
 システム       SYSTEM

③伝票リスト
登録している伝票をリスト表示します。
横スクロールでリストを動かして、下方向のフリック で『仕訳』として、
起票します。
伝票のタップで、
伝票を修正できます。

④現在の時刻と日付
現在の時刻と日付を表示します。
日付のタップで、現在の日付(仕訳の取引日付)を変更できます。
先日付に変更することで、先日付の仕訳リストの表示や仕訳データを出力できるようになります。
過去日付に変更することで、出力済みの仕訳は仕訳修正することで再出力できるようになります。

現在の日付がシステム日付と異なる場合、日付を赤色で表示します。

⑤仕訳数や収益と費用
未出力の仕訳数と仕訳のうち、収益科目の金額合計と費用科目の合計金額を表示します。

⑥仕訳リスト表示ボタン
ボタンのタップで、登録している仕訳を一覧表示します。

⑦仕訳リスト
未出力の仕訳をリスト表示します。
仕訳のタップで、
仕訳を修正できます。
下方向のフリック で、仕訳を
削除できます。

⑧確定表示スイッチ
スイッチのタップで、仕訳リストに確定済みの仕訳を表示する・しないを切替えます。

⑨確定ボタン
ボタンのタップで、仕訳リストに表示している仕訳を確定します。

ダイアログ画面(仕訳修正)

仕訳リストから仕訳のタップで、仕訳を修正するダイアログ画面を表示します。
取引に紐づく仕訳をリスト表示しますので、修正する箇所をタップして、修正します。

計上仕訳と決済仕訳と手数料仕訳を一度に登録する伝票で起票した仕訳を修正するダイアログ画面

①取引日付
日付のタップで、仕訳の日付を変更できます。

②摘要
摘要のタップで、仕訳の摘要を変更できます。

③軽減税率
該当の仕訳が軽減税率の場合、チェックボックスをタップします。

④借方科目
借方科目のタップで、科目リストを表示します。
科目リストから科目を選択(タップ)します。

⑤借方補助(借方科目が補助管理する場合)
借方補助のタップで、補助リストを表示します。
補助リストから補助を選択(タップ)します。

⑥OKボタン
ボタンのタップで、修正した内容で、仕訳を更新します。
更新後にダイアログ画面を閉じます。

⑦金額
金額のタップで、金額を変更できます。

⑧貸方科目
貸方科目のタップで、科目リストを表示します。
科目リストから科目を選択(タップ)します。

⑨貸方補助(貸方科目が補助管理する場合)
貸方補助のタップで、補助リストを表示します。
補助リストから補助を選択(タップ)します。

⑩出力済み
出力済みの仕訳を未出力にする場合、チェックボックスをタップします。

⑪キャンセルボタン
ボタンのタップで、修正した内容を破棄して、ダイアログ画面を閉じます。

ダイアログ画面(仕訳一覧)

登録している仕訳を一覧表示するダイアログ画面です。

①仕訳
仕訳のタップで、仕訳を修正できます。
出力済みの仕訳は、薄いグレーの文字で表示します。

②出力ボタン
未出力の仕訳を会計ソフトの取り込みデータとしてファイル出力します。

③キャンセルボタン
ボタンのタップで、ダイアログ画面を閉じます。

伝票画面

伝票を新規登録、修正や削除する画面です。

①メニュー
タップすると、メニューを表示します。

伝票画面のメニュー

伝票を追加する
新規登録の伝票編集画面を表示します。

ホーム
ホーム画面に遷移します。

②伝票検索
伝票名で検索する』のタップで、検索するキーワードを入力します。
再タップで、検索した状態を解除します。

③伝票リスト
登録している伝票をリスト表示します。
伝票のタップで、
伝票編集画面を表示します。
左方向のフリック で、伝票を
削除 できます。

④伝票名
伝票名(『仕訳』の摘要)を表示します。

④伝票情報
伝票の登録情報を表示します。

伝票編集画面

伝票を修正する画面です。

①伝票名
伝票名のタップで、伝票の名称(『仕訳』の摘要)を入力できます。

②イメージ
伝票のイメージ(画像)を登録できます。
タップするとメニューを表示しますので、標準イメージ(10種類)、イメージ選択(スマホ本体にある画像ファイルを選択)、スマホのカメラ撮影のいずれかを選択できます。

電球から電話の10種類の標準イメージ、イメージ選択とカメラ撮影

③締め日
日付のタップで、伝票の締め日(計上仕訳を纏める日)を入力できます。

現在の日付が起点です。
ホーム画面から遷移してきた場合は、ホーム画面の現在の日付が起点になります。

④決済日
日付