Google Playアプリ

DG-PRO1/デジスパイス対応
GPSタイム計測アプリ Laps

この記事は約41分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

このサイトを開設にするあたり、
開発したAndroidアプリ「
GPSタイム計測アプリ Laps」について、
使用方法を紹介します。

GPSタイム計測アプリ Laps

GPS位置情報を使用して、計測ラインを通過するまでの時間を計測するアプリです。
計測ラインはタッチ操作で簡単&自由に設定できます。
計測開始からゴールラインを通過するまでの時間、チェッカーライン通過毎の周回時間、複数の計測ラインで区間毎の通過時間など、さまざまなタイム計測が、”自分ひとり”で出来るようになります。

①GPS精度をあげるために、デジスパイス4に接続(疑似ロケーションアプリ使用)
②計測ライン編集モードで、STARTをタップして、計測ラインを追加(計測ラインの確定は+アイコンをタップ)
③STOPをタップして、計測ラインの編集を終了
④区間計測モードで、STARTをタップして計測開始(最初の計測ライン通過でタイム計測開始)
⑤STOPをタップして、計測終了
⑥計測結果のタップで走行軌跡を確認

GPSタイム計測アプリ Laps

GPS位置情報を使用して計測ラインを設定、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間を計測するアプリです。
開発した背景としては、ジムカーナの練習会で
リアルタイムで走行タイムを知りたいと思ったことがきっかけです。
簡単に計測できること、明確な基準で正確に計測できること、結果をすぐに確認できることを要件として、開発しました。

簡単に計測できること
・計測ライン設定は現在位置のタップで設定できる。
・現在位置を画面で確認しながら、直接画面にラインを引く感覚で設定できる。
・計測開始はボタンをタップして、動きを検知してから計測を開始できる。

明確な基準で正確に計測できること
・計測時間は動き出しから、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間。
・計測ラインを通過時、計測ラインの通過前と通過後で計測ラインまでの距離を割り出して、通過時間を正確に計算する。

結果をすぐに確認できること
・計測ラインを通過後、経過時間とラップタイム、最高速、距離を一覧表示する。
・周回計測モードでは、計測ラインを通過毎に計測結果を一覧に出力、計測は継続する。

動作環境

・Android8.0以降でGPSを搭載しているスマートフォン
・外部GPSとして、DG-PRO1(DG-PRO1S)、GL-770、GL-770M、デジスパイス3、デジスパイス4で 動作を確認しています。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

音声による案内は、スマホ本体のテキスト読み上げ機能を使用しています。
機種やOSバージョンによっては、有効になっていない場合があります。
音声がでない場合は、
テキスト読み上げの設定 を実施してください。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

アプリを使用するには、インターネット接続が必要 です。

インターネット接続できない環境下で使用したい場合は

解除オプションの購入をご検討ください♪

スマホ内蔵GPSでもタイム計測はできますが、

精度が気になる方は、

GPSロガーの使用をおすすめします♪

GPSで計測ライン通過までのタイム計測 – Lapsを無料でダウンロードできます↓↓↓

Google Play で手に入れよう

変更履歴(V5.8.160)
・計測ライン設定にポイントモードを追加しました<new>
・走行データ画面にトップ速度とマーカー表示を追加しました<new>
・走行データ画面に前回走行データの表示スイッチを追加しました<new>
・走行データの取り込み機能を追加しました<new>
・最終計測ライン通過後のボトム速度表示をしないように変更しました
・走行データの表示に減速スケールを調整できるように変更しました
・到着地点が計測ライン上にあるか判定を追加しました
・走行軌跡のズームを変更しました
・走行データの表示にボトム速度とマーカーを表示を変更しました
・計測ラインの順番を入れ替える機能を追加しました
・走行タイムの表記を1/100に統一しました
・走行データのダイアログ表示に区間ベストを表示するように変更しました
リアルタイム通知機能を追加しました
・インストール時にサンプルデータをロードできるように対応しました
・WRITEモードで自動設定する計測ラインの長さを調整しました
・データクリアで削除対象から計測ラインを除外しました

走行データの登録方式
の表示タイミングを変更しました
・WRITEモードの自動判定を追加しました
・レーダー背景を計測モード以外は青色に変更しました
・パラメータの並びを昇順に修正しました
・走行データの登録方式をベストラップか最新を選択できる機能を追加しました
・WRITEモードの計測ラインの自動設定機能を変更しました

・システムパラメータ<R-SCALE>を<SCALE>に統合しました
・走行軌跡のタップで速度表示する機能を追加しました

解除オプションの有効期間を変更しました

<strong>コレ、いいね!</strong>
コレ、いいね!

ポケットWiFi を使用すれば、

SIMカードなしのスマホでも、アプリが使用できます♪

  

月額3,100円(税込3,410円)から100GB使える、契約期間縛りなしのポケットWi-Fi

GPSタイム計測アプリ Lapsを使用している記事です↓↓↓

機能説明

Lapsは、GPSの位置情報を使用して、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間を計測します。
タイム計測は画面に
結果表示と、PDFやデータを結果出力します。
計測ラインは、計測画面や軌跡を使用しての直接編集や、データの入出力などの
計測ライン編集で設定します。
GPSロガーを接続することで
精度向上が可能です。

カテゴリ機能説明
計測1ラップ計測動き出しを検知すると計測を開始し、
計測ラインを通過すると計測を終了します。
周回計測計測ラインを通過すると計測を開始し、
再び計測ラインを通過すると、計測の終了と次の計測を開始、
計測を終了するまでタイム計測を続けます。
区間計測計測ラインを通過すると計測を開始し、
計測ラインを通過する毎に区間タイムを計測、
計測を終了するまで区間タイムの計測を続けます。
アラーム計測の開始、計測ラインを通過すると、
アラームを鳴らします。
結果表示タイム計測計測結果を一覧表示します。
ラップタイム、計測時刻、距離、最低速度、最高速度、
平均速度を表示します。
軌跡最新ラップの軌跡データを表示します。
結果出力走行データ最新ラップの走行データを、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
PDF計測結果一覧のPDFファイルを作成し、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
計測ライン編集計測編集計測中のレーダー画面上にラインを引く感覚で、
計測ラインを登録します。
軌跡編集表示した軌跡データ上にラインを引く感覚で、
計測ラインを登録します。
計測ライン出力登録した計測ラインを、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
計測ライン入力スマホ本体または、Googleドライブの計測ラインを
取り込みます。
精度向上疑似ロケーション高精度GPSロガーの位置情報を使用して、
アプリを動作させます。

画面項目説明

各画面の画面項目について、説明します。

メイン画面

測定の実行や測定結果を確認する画面です。

1ラップ