Google Playアプリ

DG-PRO1S・デジスパイスⅣ対応
GPSタイム計測アプリ Laps

この記事は約40分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

このサイトを開設にするあたり、
開発したAndroidアプリ「
Laps – GPSで計測ラインを通過するまでの時間を計測♪ 」について、
使用方法を紹介したいと思います。

Laps – GPSで計測ラインを通過するまでの時間を計測♪

GPS位置情報を使用して、計測ラインを通過するまでの時間を計測するアプリです。
計測ラインはタッチ操作で簡単&自由に設定できます。
計測開始からゴールラインを通過するまでの時間、チェッカーライン通過毎の周回時間、複数の計測ラインで区間毎の通過時間など、さまざまなタイム計測が、”自分ひとり”で出来るようになります。

①GPS精度をあげるために、デジスパイス4に接続(疑似ロケーションアプリ使用)
②計測ライン編集モードで、STARTをタップして、計測ラインを追加(計測ラインの確定は+アイコンをタップ)
③STOPをタップして、計測ラインの編集を終了
④区間計測モードで、STARTをタップして計測開始(最初の計測ライン通過でタイム計測開始)
⑤STOPをタップして、計測終了
⑥計測結果のタップで走行軌跡を確認

Laps – GPSで計測ラインを通過するまでの時間を計測♪

GPS位置情報を使用して計測ラインを設定、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間を計測するアプリです。
開発した背景としては、ジムカーナの練習会で
リアルタイム に走行タイムを知りたいと思ったことがきっかけです。
簡単に計測できること、明確な基準で正確に計測できること、結果をすぐに確認できることを要件として、開発しました。

簡単に計測できること
・計測ライン設定は現在位置のタップで設定できる。
・現在位置を画面で確認しながら、直接画面にラインを引く感覚で設定できる。
・計測開始はボタンをタップして、動きを検知してから計測を開始できる。

明確な基準で正確に計測できること
・計測時間は動き出しから、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間。
・計測ラインを通過時、計測ラインの通過前と通過後で計測ラインまでの距離を割り出して、通過時間を正確に計算する。

結果をすぐに確認できること
・計測ラインを通過後、経過時間とラップタイム、最高速、距離を一覧表示する。
・周回計測モードでは、計測ラインを通過毎に計測結果を一覧に出力、計測は継続する。

動作環境

・Android8.0以降でGPSを搭載しているスマートフォン
・外部GPSとして、DG-PRO1(DG-PRO1S)、GL-770、GL-770M、デジスパイス3、デジスパイス4で 動作を確認しています。

<strong>重要ポイント</strong>
重要ポイント

アプリを使用するには、インターネット接続が必要 です。

インターネット接続できない環境下で使用したい場合は

解除オプションの購入 をご検討ください♪

スマホ内蔵GPSでもタイム計測はできますが、

精度が気になる方 は、

GPSロガーの使用をおすすめします♪

この下にあるアイコンから、
Laps – GPSで計測ラインを通過するまでの時間を計測♪ をダウンロード(無料)できます。

Google Play で手に入れよう

変更履歴(V5.5)
・データクリアで削除対象から計測ラインを除外しました<new>
走行データの登録方式
の表示タイミングを変更しました
<new>
・WRITEモードの自動判定を追加しました<new>
・レーダー背景を計測モード以外は青色に変更しました<new>
・パラメータの並びを昇順に修正しました<new>
・走行データの登録方式をベストラップか最新を選択できる機能を追加しました<new>
・WRITEモードの計測ラインの自動設定機能を変更しました<new>

・システムパラメータ<R-SCALE>を<SCALE>に統合しました<new>
・走行軌跡のタップで速度表示する機能を追加しました<new>

解除オプションの有効期間を変更しました<new>
・Android14に対応しました

・画面遷移をフェードイン・アウトに変更しました

・GDPRが適用される国について、GDPR同意確認を追加しました
・タブレットに対応しました
・メイン画面の緯度・経度の表示を小数点以下5桁に変更しました
・周回計測モードで区間タイムを計測できるように変更しました

・走行データの表示画面の走行軌跡を加速・減速表示に変更しました
・計測ライン編集画面の走行軌跡を加速・減速表示に変更しました
・モーション再生の加速度のモニター表示を変更しました
・GPSが疑似ロケーションアプリに切り替わっているか判別できる機能を追加しました
・計測ラインの修正でベストラップのタイムを再計算する機能を追加しました
・ベストラップ機能を追加しました
・広告クリックでバックアップとリストアをアンロックするように変更しました
・バックアップ、リストア機能を追加しました
・モニターのボールの色をモードによって、変更するようにしました
・計測ラインの追加ボタン押し忘れ防止機能を追加しました
・直前の走行軌跡をモーション再生する機能を追加しました
・子画面のデザインと枠外タッチで画面を閉じるように変更しました

<strong>コレ、いいね!</strong>
コレ、いいね!

ポケットWiFi を使用すれば、

SIMカードなしのスマホでも、アプリが使用できます♪

  

月額3,100円(税込3,410円)から100GB使える、契約期間縛りなしのポケットWi-Fi

GPSタイム計測アプリ Laps」を使用している記事です↓↓↓

機能説明

Laps – GPSで計測ラインを通過するまでの時間を計測♪ は、GPSの位置情報を使用して、現在位置が計測ラインを通過するまでの時間を 計測 します。
タイム計測は画面に
結果表示 と、PDFやデータの 結果出力 します。
計測ラインは、計測画面や軌跡を使用しての直接編集や、データの入出力などの
計測ライン編集 で設定します。
高精度GPSロガーを接続することで
精度向上 が可能です。

カテゴリ機能説明
計測1ラップ計測動き出しを検知すると計測を開始し、
計測ラインを通過すると計測を終了します。
周回計測計測ラインを通過すると計測を開始し、
再び計測ラインを通過すると、計測の終了と次の計測を開始、
計測を終了するまでタイム計測を続けます。
区間計測計測ラインを通過すると計測を開始し、
計測ラインを通過する毎に区間タイムを計測、
計測を終了するまで区間タイムの計測を続けます。
アラーム計測の開始、計測ラインを通過すると、
アラームを鳴らします。
結果表示タイム計測計測結果を一覧表示します。
ラップタイム、計測時刻、距離、最低速度、最高速度、
平均速度を表示します。
軌跡最新ラップの軌跡データを表示します。
結果出力走行データ最新ラップの走行データを、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
PDF計測結果一覧のPDFファイルを作成し、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
計測ライン編集計測編集計測中のレーダー画面上にラインを引く感覚で、
計測ラインを登録します。
軌跡編集表示した軌跡データ上にラインを引く感覚で、
計測ラインを登録します。
計測ライン出力登録した計測ラインを、
スマホ本体または、Googleドライブに出力します。
計測ライン入力スマホ本体または、Googleドライブの計測ラインを
取り込みます。
精度向上疑似ロケーション高精度GPSロガーの位置情報を使用して、
アプリを動作させます。

画面項目説明

各画面の画面項目について、説明します。

メイン画面

測定の実行や測定結果を確認する画面です。

1ラップ計測モードでWRITWモードの実行中の画面

①計測モード
タップすると、計測モードをリスト表示します(リストから選択)
計測ライン編集モード(Checker setting)
1ラップ計測モード(OneLap mode)
周回計測モード(Circle mode)
区間計測モードSplit mode)

1ラップ計測モード
動き出しを検知すると計測を開始し、計測ラインを通過すると計測を自動で終了する計測モードです。
ジムカーナなど、スタートしてからゴールラインを通過するまでのタイムを計測したい場合に適しています。

周回計測モード
計測ラインを通過すると計測し、再び計測ラインを通過すると計測の終了と次の計測を開始する計測モードです。
走行会など、サーキット周回やトラック競技
などでタイムを計測したい場合に適しています。

区間計測モード
最初計測ラインを通過すると計測を開始し、計測ラインを通過する毎に区間タイムを計測、計測を終了するまで計測を続ける計測モードです。
スタートラインからゴールラインを通過するまでのタイムを計測、ジムカーナやラリー、サーキットトライアルなどの競技で、区間毎のタイムを計測したい場合に適しています。

②計測ライン
タップすると、計測ラインをリスト表示します(リストから選択)
※計測ライン編集モードや計測中は使用できません。

③計測ライン始点
タップすると、現在位置の緯度と経度を自動入力します。
右側にある緯度、経度をタップすることで、直接入力が可能です。
計測ライン編集モードで計測中のみ使用可能です。

④計測ライン終点
タップすると、現在位置の緯度と経度を自動入力します。
右側にある緯度、経度をタップすることで、直接入力が可能です。
※計測ライン編集モードで計測中のみ使用可能です。

⑤間隔
計測ライン始点と終点の間隔(m)を表示します。

⑥計測ライン
計測ライン始点と終点を × 印で表示します。

⑦計測結果
1ラップ計測、周回計測、区間計測で計測した結果をリスト表示します。
計測結果は、
計測タイム(秒)、計測時刻、 距離(メートル)、
最低速度(時速)、最高速度(時速)、平均速度(時速)です。
区間計測では、区間毎に計測結果を表示します。
測定結果を左側にスワイプ することで、削除できます。
ベストラップまたは、最新ラップ の計測結果(オレンジ)をタップすることで、メニューを表示します。
「走行データを出力する」を選択した場合、直前の走行データを出力します。
走行データは
1回のみ 出力できます。
出力後は、
走行データの表示のみ可能 です。

走行データを出力した場合、メニューは表示されません

走行データの表示

ピンチ・スクロール操作 で走行軌跡の拡大・縮小・スクロールが可能です。
走行軌跡の タップ で速度を表示します。
画面下の修正ボタンのタップで計測ライン編集画面(詳細)に遷移します。

走行軌跡を表示している画面

修正ボタンのタップで計測ライン編集画面(詳細)に遷移し、計測ラインを修正した場合、修正後の計測ラインでベストラップのタイムを再計算します。
また、走行データを出力できるようになります。

計測ラインの修正で区間タイムを再計算します

走行データの再生(モーション再生)

モーション再生で走行ラインと速度や加速度を確認する

⑧レーダー
計測中に、現在位置付近を表示します。
レーダーの表示では、現在位置(オレンジ●)、計測ライン(青x)、磁北(オレンジ枠)、速度(時速)、GPS更新レート(Hz)です。
※一定速度以上で、現在位置と計測ラインの表示を停止します。

⑨START(計測開始)または、STOP(計測終了)
 START(計測開始)のタップで計測を開始します(計測中はSTOP表示)
 STOP(計測終了)をタップで計測を終了します(STARTに戻る)

計測自動停止機能は、速度が 8km/hに達した時点 で有効となり、4km/h以下 の状態が 5秒間続く と計測を終了します。

⑩メニュー
タップすると、メニューを表示します。

 計測ライン編集モード
 計測モードを計測ライン編集モードに変更します。

 1ラップ計測モード
 計測モードを1ラップ計測モードに変更します。

 周回計測モード
 計測モードを周回計測モードに変更します。

 区間計測モード
 計測モードを区間計測モードに変更します。

 疑似ロケーションアプリを起動する
 
疑似ロケーションアプリ を起動します( システムパラメータ を設定した場合のみ有効)

 疑似ロケーションアプリを停止する
 疑似ロケーションアプリ を停止します( MockLocationService のみ有効)

 解除オプションを購入する
 
解除オプションを購入 します。
 解除オプションの有効期限は30日間です(有効期限が切れた場合、再購入できます)

 計測ライン編集
 計測ライン編集画面に遷移します。

 システム設定
 システム設定画面に遷移します。

 データクリア
 計測ライン以外のすべての計測結果を削除します。

 PDF出力
 計測結果のPDFファイルを削除します。

 ヘルプ
 ブラウザで操作説明ページを表示します。

⑪WRITEモード
タップすると、ON /