起業

起業を考えたら必ず読む本

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

この記事はサラリーマンから独立、起業するにあたって、当時の自分の思いや足跡をまとめたものです。
起業にあたり、最初にしたことは起業本を読むことでした。
本の内容にはふれませんので、 気になったキーワードだけ、記事の最後で紹介します。
キーワードについて知りたいと思った方は、実際に本を手に取って、読んでもらえれば、嬉しいです。

起業について、どれぐらい知っている?

起業なのか、フリーランス(個人事業)なのかを考える上で、
起業について、自分はどれぐらい知っているのだろうか

学者や研究者の視点
コンサルタントの視点、
実際に起業した社長の視点、
それぞれです。

実際に起業した社長が書かれた本は、
自らの経験について書くわけですから、

リアリティがあって、当然。
成功したことよりも失敗談の方が多い、
自分と同じ失敗をして欲しくないという思いが、文章にあらわれて当然。
だから、内容に好き嫌いがあって
当然。

起業を考えたら必ず読む本(著者:井上達也さん」

気になったキーワードを書き留めておきます。

・今までの仕事の延長線上で考える
・やりたいことがお金になると限らない
・最初はストックの商売よりもフローの商売
・ビジネスモデルを考える
 ツタヤの成功はビデオレンタル業でなく金融商品にある
・ハンコはチタンで作りましょう
・値下げより値上げ
・仕入れは2掛け
・趣味は商売にならない
 本来の趣味から少しポイントを変化させる
・エンドを決める起業
・作らず創る
・結局なんのために起業するのか

送料がかからないので、よく利用させていただいています

国内最大級の電子書籍販売サービス

今回はここまでです。

誤字脱字、意味不明でわかりづらい、
もっと詳しく知りたいなどのご意見は、
このページの最後にある
コメントか、
こちらから、お願いいたします♪


ポチッとして頂けると、
次のコンテンツを作成する励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

参考になったら、💛をポッチとしてね♪

スポンサーリンク
msakiをフォローする
スポンサーリンク

コメント欄