Google Playアプリ

AdMob広告配信の制限という制裁

Google Playアプリ
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、まっさん(@Tera_Msaki)です。

クリエイターとして、その名刺代わりにと思い、
スマホ用のアプリ開発に着手しました。
開発したアプリは、GooglePlayに公開しています。
GooglePlayに公開するのにも、費用が発生しますし、
このサイトもレンタルサーバを利用していますので、費用が発生します。
その費用を捻出するために始めたAdMob広告ですが、
ある日、突然アプリに広告が全く表示されなくなりました。

今回は、AdMob広告で実際に起こったことについて、お話いたします。

AdMob

AdMobは、
アプリに広告を表示させることで広告主から広告費として
得られるアプリデベロッパー向けのサービスです。
表示される広告は、
商品やサービスを宣伝する広告主によって作成され、費用が支払われます。
広告の種類によって広告主が支払う金額が異なりますので、
広告から得られる収益も異なります。

AdMob広告配信の制限

ある日、突然アプリに広告が全く表示されなくなりました。
その翌日、次のようなメールが届きました。

お客様のAdMobアカウントで広告配信が制限されました

平素より AdMob をご利用いただき、誠にありがとうございます。
先日、お客様の AdMob アカウントで無効な操作が行われた可能性がございます。そのため、お客様のアカウントの広告配信を制限いたしました。今後もお客様の操作は継続的にモニタリングされ、配信制限は自動的に見直しおよび更新されます。
今回の制限の理由
お客様のアカウントにおいて、不正に広告収益を上げる目的と思われる無効なトラフィックが検出されました。恐れ入りますが、無効なトラフィックは AdMob と AdSense のプログラム ポリシーで固く禁じられています。Google 広告は、純粋な興味を抱いたユーザーによってタップされるものでなければならず、他のユーザーに広告のタップを依頼することはできません。これには、アプリのサポートをユーザーに依頼することや、そうした行為を行う第三者に報酬を約束することも含まれます。また、自分の広告をクリックする行為、自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボットなど、不正な行為を行うソフトウェアを使用することも禁止されています。
不正と判断された行為について詳しい情報をご希望の場合も、Google 独自の検出システムを回避するために使用される恐れがあるため、関連するユーザーの情報を含め、アカウントの具体的なご利用状況をお知らせすることはできませんのでご了承ください。
なお、お客様が AdMob と AdSense のプログラム ポリシーに違反していることが判明した場合は、アカウントにさらなる措置が適用されるか、永久に無効になる可能性がございます。
対処方法
現在のところ、お客様のアカウントへのアクセスは制限されておりませんので、アカウント単位のこの問題につきましてはポリシー センターで詳細をご確認いただくことが可能です。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もございます。お客様の広告トラフィックが AdMob および AdSense のプログラム ポリシーに準拠するよう、お早めのご対応をおすすめいたします。ご理解とご協力をいただければ幸いです。

無効なトラフィックとは

無効なトラフィックと判断されるものを要約すると、以下のとおりです。
・自分で広告をクリックした(自己クリック)
・友人等にお願いして広告をクリックしてもらった
・「広告クリックしてね」のような文言を書き、
 広告をクリックすることを誘導した結果広告がクリックされた
・同じ人が何度も広告をクリックした

故意の自己クリックはなかったにせよ、
評価でアプリを操作するわけですから、
広告にクリックすることもあるでしょう。
これは、
AdMobの管理コンソールの「設定」-「テストデバイス」に
自分が使用しているスマホを
テストデバイスとして登録することで防止できます。

AdMob広告配信の制限されている状態

AdMob広告配信の制限されている状態であるか確認する方法は、
AdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」で確認できます。

AdMob広告配信の制限されている状態では、このようなメッセージが表示されます。

Android Stadioで仮想デバイス(AVD)で実行して、
Logcatの実行ログでも確認できます。

Strict Secure Cookie policy does not allow setting a secure cookie for http://googleads.g.doubleclick.net/ for apps
targeting >= R. Please either use the ‘https:’ scheme for this URL or omit the ‘Secure’ directive in the cookie value.
I/Ads: Ad failed to load : 3

どうすれば、AdMob広告配信の制限が解除されるのか

メール本文の内容から、
「通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、
それ以上となる場合もございます。」とあるので、
30日程度で解除されるものと思われます。
AdSenseでも、同じような広告配信の制限がありますが、
アナリティクスを使用して、
無効なトラフィックを特定して報告すれば、
制限期間が短縮されるという話がありますが、
AdMobでは同様なことはできそうにありません。

無効なトラフィックの対策

AdSenseの場合、
WordPressであればプラグインの「AdSense Invalid Click Protector」を使用すれば、
同じ人が一定時間にクリック出来る回数を制限することができます。
残念ながら、
AdMobではそのようなもの(AdListenerのonAdClickedを上手く使えば出来そうです)がありませんので、
Firebaseでトラフィックを監視するぐらいです。

広告配信の制限の解除

AdMob広告配信の制限のメールから1週間ほど経ったころ、
AdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」のメッセージが、
「現在、問題はありません」に変わりました。
しかし、アプリに広告は表示されませんでした。

AdMob広告配信が制限されていないときの表示

AdMobの管理コンソール

AdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」の表示が
「現在、問題はありません」に変わったその翌日、
再び、「お客様のAdMobアカウントで広告配信が制限されました」のメールが届きました。
そして、「ポリシーセンター」の表示「現在、広告配信が制限されています」に戻りました。

広告配信の制限解除の兆し

AdMob広告配信の制限のメールから3週間ほど経ったころ、
AdMobの管理コンソールの「AdMob ネットワークのパフォーマンス」の表示回数が「1」になりました。
それから数日後に、
AdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」の表示が
「現在、問題はありません」に変わりました。
しかし、アプリに広告は表示されませんでした。

アプリ広告が表示された!?

AdMobの管理コンソールの「ポリシーセンター」の表示が
「現在、問題はありません」に変わって、さらに数日。
自分のスマホ(2台)にアプリ広告が表示されるようになりました。
しかし、別のスマホではアプリ広告が表示されません。
しかし、翌日になるとアプリ広告が表示されていたスマホでも、
表示されなくなりました。
どうやら、広告配信の制限はスマホの紐づいたGoogleアカウントで制御しているようです。

AdMob広告配信の制限は、
AdMobネットワークへの接続時に行われているようです。
これはAdMob広告配信の制限をうけているスマホからのアクセスが、
AdMobの管理コンソールの「AdMob ネットワークのパフォーマンス」のリクエスト(カウント)に
反映されないことからわかります。

まとめ

広告配信の制限は段階的に解除されていくことが、
今回の経験からわかりました。
あと、1週間ほどで制限期間の30日程度を迎えます。
完全解除になることを祈りつつ、
コーディングで同じ人が一定時間にクリック出来る回数を制限する方法を検証したいと思います。

開発したアプリに実装している方法をご紹介♪
広告をクリックすると、
一定時間広告を非表示にすることで、連続クリックを抑止しています

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

  1. >コーディングで 同じ人が一定時間にクリック出来る回数を制限する方法を検証したいと思います。
    ⇛検証できたら是非教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます♪
      開発したアプリに実装した方法になりますが、
      広告をクリックしたら、
      広告を非表示にして、一定時間クリックできないようにしました。
      下記の記事を参考にしていただければと思います。
      https://www.jisei-firm.com/android_develop3/

タイトルとURLをコピーしました